高速道路

2011年5月 9日 (月)

被災地への一時帰宅・南相馬への迂回ルートなど

ゴールデンウィークの間、南相馬から避難していた義母・義弟が一時帰宅することになりました。そこで一時帰宅する義母らを車に乗せて、その往路、復路、東北方面へ2往復してきました。

往路は義母・義弟を下した後に白石蔵王まで遠征したため、GW中は東北地方2往復、計1600キロほど走行しました。

<一時帰宅・往路のルート>
5月1日 東京(豊島区自宅)→東北道→あぶくま高原道路→福島空港
       (福島空港→南相馬は義母の軽自動車を義弟が運転)

※義母・義弟は3月13日の福島空港からの臨時便で東京に避難したため、南相馬から福島空港駐車場まで軽自動車できていました。

義母・義弟を下しした後、私と妻はゴールデンウィークから営業再開した白石蔵王の「だいこんの花」まで遠征し、2泊とまって東京に戻りました。(白石蔵王『だいこんの花』 Part Ⅳ


<一時帰宅・復路のルート>
5月8~9日
 東京(豊島区自宅)→東北道→福島西IC→国道115号線→相馬→国道6号線→南相馬
 (戻りは逆ルート)

Photo

東京-南相馬のルートは通常、常磐道→常磐富岡(終点)→国道6号線→南相馬(約270キロ・図の右側ルート)ですが、今回常磐道広野~6号線小高付近までは立ち入り禁止のため、図の左ルート(約360キロ)で南相馬に向かいました。通常ルートは3時間半程度ですが、左ルートは最短で4時間半、通常は5時間以上かかります。

東北道から南相馬までは、東北道の二本松ICから川俣~飯館を経由するルートが近いのですが、このルートは計画的避難区域にあたるため間もなく通行できなくなります。現状(5月9日)通行可能ですが、それでも義弟が5月1日に通過した際に3~4マイクロシーベルト程度の放射線量を計測しており、依然として危険な状態にあります。放射線を望んで浴びる人はまずいないでしょうから、ここの通過は避けるべきでしょう。

<5月1日・【往路】福島空港へ>

東京から福島空港へ向かう場合、矢吹ICからあぶくま高原道路に入ると早いのですが、あぶくま高原道路は地震の被害が大きく凸凹で、50キロ以上の走行は危険です。

Img_7781


Img_7785


Img_7786

ごらんの通り、道路が波打っている状態です。

ちなみに東北道の白河~本宮間も状態が悪く、高速走行していると時々車がジャンプして驚きます。基本的にこの区間は80キロ規制となっています。

Img_7789

無事福島空港に到着。90日以上放置していたバモスは無事エンジン始動できました。

Img_7793

こんなことでもなければ来ることはなかった、『福島空港』。 相次ぐ地方空港の開業には決して前向きではなかったのですが、今度ばかりは福島空港があって助かりました。

新幹線が開通するまでの間、ANAは毎日羽田-福島臨時便を飛ばしてくれました。そのために義母・義弟は新幹線はおろか道路も開通しない3月14日に東京まで避難することができました。そのために翌15日の福島原発の水素爆発により南相馬~飯館区域にかけて大量に降った放射性物質から逃れることができたのです。

<5月8日・【復路】南相馬へ>

5月8日は帰省中の母を迎えに震災後初めて南相馬に向かいました。

Img_8054_2

福島西ICを降りて115号線に入ります。

Img_8055

115号線は90分近くかけて峠を越えますが、途中新緑がきれいでした。

すれ違う車には被災地から戻る自衛隊の装甲車や他県ナンバーのバスなども多く、ここが相馬~南相馬地域への幹線ルートとなっているようでした。

Img_8061

Img_8064

Img_8063_2

上の3枚は国道6号線(鹿島付近)の海側の車窓です。テレビでもっと酷い情景を毎日見てきましたが、実際の情景を目の当たりにするとはやりショックです。

Img_8067

2か月近く動かない常磐線(南相馬付近の踏切)。線路は廃線跡のように錆びつき、うねっていました。

Img_8073

南相馬市役所は休日も営業し、被災者への義捐金請求などの手続きを受け付けています。東京でも住基ネットで南相馬市の住民票を取得できますが、はやり居住地で手続きするのが早くて便利。

Img_8069

南相馬は被災当初に比べ人が少しずつ増えているといいますが、それでも異常な雰囲気に包まれていました。外に子供はおらず、自衛隊の被災支援車両ばかりが目立ち、開いている店は通常の1/4程度。入院を受け付ける病院もほとんどなく、これでは義母をこの町に戻すわけにはいきません。

それでもGW以降はイオンやヨークベニマル(ヨーカドーの東北版)が開き、物資は比較的潤沢になってきたようです。

Img_8100_2

5月9日、車が揺れるほどの強風の中東京に戻りましたが、途中羽生付近の事故渋滞にはまりました。これがなければ5時間程度ですが結局6時間以上かかってしまい、義母もぐったり。

2010年11月 6日 (土)

日光・いろは坂・中禅寺湖ドライブと紅葉

中禅寺金谷ホテルに泊まるため、紅葉が終わりかけた中禅寺湖に向かいました。

日光・那須の紅葉がそろそろ終わりという季節ですが、東北道は朝から断続的に20キロ程度の渋滞がありました。しかし「いろは坂」は午前中に通過したため明智平まで順調で10分足らず。明智平から中禅寺湖の信号を先頭に渋滞15分程度でしたが、この季節としては楽に着くことができました。午後いろは坂を上った人は90分かかったとのことですが、先週(10月31日)はひどく、3時間かかったという人もいるようです。

Img_4275

日光宇都宮道路~清滝IC~国道といずれも順調に流れていました。


Img_4279

いろは坂もこの通り。紅葉は今一つですが空いていました。
前の車は練馬ナンバーのレンタカー。2車線あるいろは坂(上り)の真ん中をゆっくり走り続け、追い越したくても追い越せず詰まってしまいました。急ぐ旅でもないので良いですが、できることならもう少し要領よく走ってもらいたいものです。

Img_4283

06年納車のうちの車(E350)は4年強で3万1千キロ走りました。日光・中禅寺湖には何度も来ています。
今日は渋滞にはまりましたがリッター11キロ。調子がよければ13キロ走ります。しかし平均速度20キロ程度の都内では5~6キロ、首都高使って6~7キロでしょうか。
このモデルの直後にマイナーチェンジ、08年から新型にかわったので最近は古くみえるようになりました。しかしこのデザインが気に入っているのでしばらく乗るつもりです。


Img_4285

上の車の背景にある男体山。天気がよくきれいです。


Img_4294

中禅寺湖にくると必ず立ち寄る「中禅寺」。 

Img_4296

境内から中禅寺湖を望む。

以下、今日の中禅寺境内、中禅寺湖畔の写真です。

Img_4303

Img_4309


Img_4311


Img_4318


Img_4339


Img_4363


Img_4370


Img_4371


Img_4372


Img_4373


Img_4376

中禅寺湖畔で紅葉を楽しみ、少し日が傾き始めたころに金谷ホテルに入りました。
(最後の紅葉写真は金谷ホテル駐車場にて)

2010年8月21日 (土)

繁忙期の渋滞回避方法

盆暮れ、連休初日の高速道路の渋滞は避けられないと思いがちですが、時間をずらすことでまったく渋滞にはまらないこともあります。

盆入り初日のように特に混雑する日は、心理的に早めに出発しようとする傾向が強く、そのために高速道路は午前中に混雑が集中します。昨年、今年ともに盆入り初日の渋滞情報を見ていましたが、中央・東名>東北・関越>常磐、の順に、特に9~11時頃がピーク。しかしいずれも14~16時にかけて解消し、特に常磐道は14時以降全く渋滞していませんでした。

私は盆入り初日に常磐道の富岡まで乗りました。

13:30銀座を出発。中央環状線~6号経由常磐道終点富岡ICまで2時間半程度。全く渋滞なし。
昨年は盆入りの前週の土曜日に首都高3号線高樹町ICを14時ごろ出発しましたが、全く渋滞しませんでした。

Img_2109
8月13日の首都高6号線。14時前ですがこの通りガラ空きです。


Img_2111
同日15時ごろ、友部付近。やはりガラ空き。

東北道よりも常磐道が少し早めに空くことが多く、早い時間に東北道で郡山以北に向かう人は常磐道→磐越道のルートが早いこともあります。しかしなぜか今年はその逆でした。
結局インターネットやケータイで渋滞情報をチェックする必要がありそうです。


<15日上り>

上りは、15~16時までに都内に戻る時間帯はほぼ順調。その後は、いずれの高速も渋滞は20キロ以上となり、特に東北道は盛岡付近から東京まで断続的に合計70キロを越えていました。夜になっても東名、中央、東北は解消せず、深夜1時頃でもまで渋滞が残っていました。
従って、上りに関してはただひたすら早く出て、都内15時到着を目指すしかなさそうです。

しかし常磐道だけは渋滞解消が早く、今年は23時半頃に解消しました。私は常磐富岡ICから22:30頃に入りましたが、渋滞は解消しており自宅近くの西池袋ICに1時に到着。順調でした。

以下の写真は8月15日の上り常磐道の渋滞遷移。

Img_2174


Img_2187

最後まで渋滞したのは片側2車線最後の那珂付近。しかし実際に通過した23:30頃には完全に解消していました。


Img_2190

途中美野里PAで休みましたが、この通り車も少なく落ち着いていました。

2010年4月20日 (火)

首都高・大橋ジャンクション

首都高の大橋ジャンクションの写真を撮りました。すでに日常的に利用されている方もいらっしゃると思いますが、まだ開通したてということで。

Img_3828

3号線の上り(厚木から渋谷方面)です。池尻ICからの車が右に合流する直後に看板が見えます。環状線(C2)へは右分岐です。

Img_3830

ここのICの分岐はゆるやかで入りやすいです。できれば池尻付近から右車線に移っておくのが安全です。

Img_3831


Img_3832


Img_3834

秘密基地に潜り込むような感じ。開通前に危険と噂されたカーブは意外に緩やか。2車線ありますが、カーブなので追い越しは危険です。最後は左車線に合流します。

Img_3843

山手トンネルは地図から想像するとまっすぐなのですが、意外にカーブが多いです。

Img_3850

今回は西池袋出口で外に出ました。
池尻大橋からここまで法定速度で走っても10分足らず。これまで山手通りを20~30分かけて走っていたことを考えると、タイムトンネルを抜けたような錯覚を覚えます。

この先まもなく、板橋ジャンクション(5号線と環状線がクロスするところ)直前で中央環状線は地上に出ます。5号線やそのまま東北道、常磐道に抜ける人も同じ感想ではないかと思います。

少し残念なことに西池袋から板橋ジャンクションまでいつも渋滞します。同ジャンクションでは短距離で左→右(または逆)へ移動を強いられるので車が減速するのが原因と推測していますが本当の理由は知りません。一昨年にはタンクローリが転倒して大事故を起こした鬼門でもあります。

ちなみに、西池袋出入口付近の山手通りから、ホテルメトロポリタン、池袋ビックリガードへ抜ける大通りが近々完成するようです(ずっと工事中だった)。それが出来ると池袋東・西口まで近くなりますし、狭い立教通りの交通量が減って安全になると期待されます。 

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31