温泉

2013年4月14日 (日)

三島(西伊豆)『淡島ホテル』 ( 2012年10月)

久々の『淡島ホテル』です。

天気が良く、めずらしく富士山がきれいに見えました。

Img_8538s

Img_8543s

Img_8575s

Img_8579s

部屋は一番多いミニスイート仕様の部屋

Img_8593s

Img_8594s

Img_8597s

Img_8601s

メインダイニングでのイタリアンです。

部屋の様子などは以前の記事に詳しいです。

三島(西伊豆)『淡島ホテル』

三島(西伊豆)『淡島ホテル』の食事

2012年5月 7日 (月)

徳島『ホテルリッジ』2

ゴールデンウィーク最後の日曜から翌日にかけて徳島の『ホテルリッジ』に泊まりました。

ここは毎年必ず行く馴染みの宿ですが、昨年震災の影響で行けなかったため2年振りとなりました。

以前の記事:
お気に入りの宿:徳島『ホテルリッジ』
徳島『ホテルリッジ』

に詳しいので今回は差分のみとします。

Img_5260
今回宿泊した部屋は和室仕様の方。

■到着~カリフォルニアキッチン

Img_5253

写真は「カリフォルニアキッチン」

早めのフライトで徳島空港に降り立つと、いつものスタッフの方が空港で迎えてくれました。空港からは25分程度で、ちょうど昼前につきました。部屋の準備が整うまでの間カリフォルニアキッチンで軽食を取りながら休ませていただきましたが、これがいつものパターンになっています。

Img_5245

シーザーサラダ

Img_5246_2

オニオングラタンスープ

Img_5249_2
サーロインステーキ。1人分を2人でシェアできるよう分けて盛り付けてくださいました。

以前はハンバーガーやスイーツなどをいただくアラカルト中心のメニューでしたが、一昨年秋からコースメニュー中心に変わりました。

今回は軽くいただきたかったので、サラダ、サーロインステーキを妻とシェアしました。

Img_3556
以前はこんなジャンクフードもありましたが・・・(2009年3月)

■夕食

部屋は過去の記事に詳しいので、食事の写真のみとします。夕食、朝食はカリフォルニアキッチンではなくホテルダイニングでいただきます。

以前はホテル隣接の料亭青柳が調理するメニューでしたが、2009年秋からホテルオリジナルのメニュー(スタッフも含め)に変わりました。少し残念に思ったのですが、いただいてみて全く遜色なく安心しました。

Img_5292_2

左の椀はフォアグラをすり込んだ茶わん蒸しのようなもの。トリュフがのっています。

Img_5294_2

澄まし汁は白身魚の種類を失念。美味しかったですが。

Img_5297

写真の角度が悪くよく見えませんが、左上が鳴門鯛、その他は車エビ、本マグロ(隠れて見えない)など。渦巻き状のものは大根のツマですが、きれいに細工されています。

鳴門鯛はこの地域で5月に取れる真鯛で、3~4月にはさくら鯛と呼ばれてます。身が締まって美味しい時期だそうです。ちなみに秋にはもみじ鯛に変わります。

Img_5298

子牛から成牛まで一貫して地元で育てられた徳島牛の一貫牛のいちぼ。石焼でいただきました。

Img_5302

写真が不出来(影)ですが、石焼しておいしくいただきました。

Img_5309
あまり美味しい印象がない「エイ」ですが、とても美味しくいただきました。

Img_5312
筍、エンドウなどの煮物

Img_5316

たいらぎ貝の殻に盛り付けられた、たいらぎの貝柱、鳥貝、赤貝など。

「たいらぎ」は身を捨てて貝柱だけ食べる珍しい貝で、福岡県などでは粕漬けにして食べる習慣があるようです。関東ではまず見ない貝です。

Img_5317

鳴門鯛の炊き込みご飯。

Img_5319
そば米汁と一緒にいただきました。

Img_5327
デザート

Img_5347

朝食も2009年秋以降ホテルダイニングによるレシピ、調理に変わりました。小皿料理は以前の青柳の朝食を踏襲。

Img_5350_2

デザート。

次の3枚は以前の青柳による朝食(2010年5月)

Img_0606

Img_0608_2

Img_0608

Img_0608_3

Img_0612
以前の朝食は残すほど量が多かったのですが、新メニューは程よい量で私にはちょうど良かったです。

今回は天気が良く、鳴門海峡大橋がきれいに見えました。

Img_5254

Img_5341

朝日

2012年3月25日 (日)

大阪出張と兵庫柴山カニツアー

1月下旬に大阪(堺)に出張し、そのまま週末に仕事で知り合った方が企画する「柴山カニツアー」に便乗しました。

Img_3431

羽田のさくらラウンジから富士山がきれいに見えました。

Img_3434

早朝便だったので朝食が出ましたが、搭乗前に空港で食べてしまったので今回はパス。それよりも大阪便は実質40分程度しか時間が無く、食事は正直キツイです。

Img_3440

今回の目的地は堺。南海電鉄で堺東駅まで出向きました。

Img_3442

今回は初めて心斎橋の『ホテル日航大阪』に宿泊しました。少し狭く窮屈な感じがありましたが、場所がら食事などの便は良く、今回は知人と食事の約束もあったため便利でした。

Img_3450

部屋からの眺望はまあまあ。高層ビルに遮られない反対側が良かったかもしれません。

Img_3546

朝食はしっかりといただきました。

Img_3551

翌朝京都へ向かう際、大阪駅から出発する「トワイライトエクスプレス」を目撃。

トワイライトエクスプレスは以前の記事
『カシオペア』『北斗星』『トワイライトエクスプレス』など・・以前乗った列車
もご覧ください。

Img_3567

今回も京都から特急に乗りました。新型車両の『こうのとり号』です。

Img_3575

福知山を超えると雪が深くなってきました。

Img_3603m

目的地は『柴山』という無人駅。途中で普通列車に乗り換えました。

Img_3599m

今回の宿泊先は民宿『みゆき荘』

Img_3581

Img_3579


Img_3584m

朝水揚げされたマツバ(タラバ)蟹。漁船のタグは本物の証拠。

Img_3589

サシでいたたくのが一番贅沢ですが、身が毛羽立っているは新鮮な証拠。
去年に比べても今年のカニは上質で美味でした。

これ以外にも焼き、茹で、カニごはんをいただき、去年の同じツアーに引き続き、今年1年分のカニをいただきました。
去年のカニツアーの様子はこちら → 1月後半の行動・福島~大阪~城崎温泉(竹野)でカニ

Img_3600

翌朝雪は小降りになりました。(日本海の望む)

Img_3604

帰路は『柴山』駅から逆ルート。

Img_3608m

懐かしいディーゼルカーに乗って『城崎温泉』駅まで向かいました。

Img_3613

城崎温泉駅から特急に乗り換え。

Img_3618

最初は空いていましたが、途中からほぼ満席になりました。

Img_3634

結局帰りは伊丹から羽田へ飛行機で移動。長旅でした。

2011年12月31日 (土)

伊豆高原『サンジュリアン』

お気に入りのオーベルジュ『サンジュリアン』のダイニングが改装され、鉄板焼きダイニングになりました。鉄板焼きフレンチというコンセプトで、以前からの上質なフレンチは健在でした(2011年12月中旬)。

今回はチェックインの際に広めの部屋に変更していただきました。

Img_2997

Img_2998

Img_3007

Img_3009

温泉・露天風呂も健在

■ディナー

ディナーはシェフが目の前の鉄板で調理してくれます。シェフは「お客さんの顔が見えるのが良い」とのことで、会話が弾みます。

Img_3013
右上に白子のフリッターがありますが、これも鉄板で目前で調理していただきました。

Img_3014

目の前で新鮮なフォアグラがカットされ、丁寧に焼かれました。

Img_3015

金目鯛とアサリが入っています。調理用のビニール巾着で鉄板で温めていただきました。

Img_3016

黒毛和牛のサーロイン。サシが多すぎない淡泊なサーロインで好みのタイプでした。サシが多いサーロインは、客層が高齢になると不評のようです。私もこのタイプの肉が良いと思いました。

Img_3017

フレンチなので「まさか」無いだろうと思っていたら、しっかり目の前で焼いてくださいました。(ガーリックライス)

Img_3018

デザート。

今回写真は撮りませんでしたが、サンジュリアン定番のコンソメスープも健在でした。

Img_6667

(2009年7月の写真)

Img_3025

朝食も鉄板焼きダイニングでいただきます。改装して窓が増え、とても明るく気持ちの良いダイニングになりました。

Img_3026

これまで定番だったオムレツは鉄板焼きでは難しく、目玉焼きにかわりました。

参考記事:

お気に入りの宿・伊豆高原『サンジュリアン』

2011年12月30日 (金)

熱海『海峯楼』

10月にヨーロッパから帰宅した直後、熱海の『海峯楼』に行きました。
(ヨーロッパの記事と投稿順がずれています)

ここは同じ熱海の『ふふ』、箱根『翠松園』と同系列で、係のバトラーさんは以前ふふでお会いした方でした。

ここは以前大手玩具メーカーのゲストハウスとして利用したいた施設で、4組程度しかとまれず大浴場も1つしかありません。しかしゲストハウスだけあって設備と眺望が素晴らしく、ゆっくりと過ごすに最適です。

Img_1156

Img_1171

和室を選択。部屋からの眺望がすばらしいです。

Img_1172

 

Img_1175

窓側にクッションが敷いてあってそこで横になれます。

Img_1177

ごろんと横になると熱海湾と空が見えます。ずっと横になっていたい気分になりました。

Img_1191

ひろい風呂がありますが、1組しかないので時間を指定して貸切で使います。客室数が少ないので混んで予約が取れないようなことはありません。

Img_1193

風呂上りのコーヒー牛乳は『ふふ』、『翠松園』と同じ。

Img_1208

雑誌などでよく紹介される展望ダイニング。最上階の客室に泊まった場合はここをダイニングとしても利用できます。

Img_1209

ディナー

Img_1227


Img_1233

Img_1238

Img_1240

Img_1243

Img_1244

Img_1248

Img_1250

Img_1257

Img_1259

数日前までヨーロッパにいてあまりおいしい食事にありつけなかったこともあり、とても美味しくいただきました。ただし量が多く全て平らげるのは大変でした。

Img_1265

デザート。カキをいただきました。

Img_1270


Img_1274

実はごはんを残してしまいましたが、おにぎりにして夜食でいただきました。

Img_1326

部屋から素晴らしい日の出を見ることができました。

Img_1331

ゆっくり朝ぶろに入りました。

Img_1353

Img_1354

朝食は眺めの良いダイニングで和洋選べます(上が和、下が洋)

Img_1360

ダイニングから熱海城を望む。

ゆっくりと過ごして12時にチェックアウト。平日だったため道路も混まず気持ちよく帰宅することができました。

<関連頁>

2011年10月30日 (日)

伊豆オーベルジュ『arucana izu(アルカナイズ)』2回目

9月上旬に『arucana izu(アルカナイズ)』い行ってきました。
(レストランなどの投稿記事と投稿順序が時系列になっていません)

以前の記事(伊豆オーベルジュ『arucana izu(アルカナイズ)』)に詳しいので、今回は差分のみとします。

Img_9534
ここは車寄せに車を止めると、バトラーの方が迎えに来てくれて直接部屋に案内されます。フロントで待つことがありません。

Img_9540

前回と同じつくりの部屋でした。

Img_9541

Img_9542

Img_9544

伊豆といっても中伊豆のため海は見えません。緑をみながらゆっくりと過ごすホテルです。

Img_9548

大浴場はなく各部屋に温泉がついています。

Img_9551

Img_9554

■ディナー

Img_9561

Img_9562

Img_9565

Img_9568

Img_9571

Img_9577

Img_9579

Img_9583

Img_9587

■朝食

Img_9599

Img_9604

2回目の宿泊では、パンのかわりにフレンチトースト、リゾットを選択できます。

Img_9605

これが本来の朝食

伊豆オーベルジュ『arucana izu(アルカナイズ)』もご覧ください)

2011年9月 3日 (土)

那須『二期倶楽部』(2011年8月)

8月下旬に那須の『二期倶楽部』に行ってきました。以前にも記事がありますので、差分のみとします。

今回の宿泊は本館です。

Img_9384


Img_9385


Img_9391

客室はコテージ形式の別棟となっています。こちらは本館で、東館の様子は以前の記事、那須『二期倶楽部』 に写真があります。

Img_9414

ディナーは本館ダイニングで。

Img_9416

 

Img_9419

分かりにくいですが豚しゃぶです。

Img_9424

鰻のかば焼きがごはんの上に乗っています

Img_9427

メインの魚料理は鮎

Img_9431

メインの肉は黒毛和牛。他にも何種類か選択できます。

Img_9433

しめにオクラ、オリーブ、いくらが乗ったソーメンがでてきました。

Img_9437

デザート。ブランボアーズのシャーベットなど。

Img_9439

同じくデザートのチーズ(上のものとチーズは選択式)。 意外な取り合わせでブルーチーズがフランボアーズシャーベットに良く合うことを発見しました。

Img_9443

おなじみの夜食。10時ごろ部屋に差し入れてくれます。


Img_9456

翌朝は素晴らしい好天に恵まれました。東館のスパにて。

Img_9465


朝食は本館ダイニングでいただきました。天気が良いのでテラスにて。

Img_9470

 

Img_9473

 

Img_9477

 

Img_9481

 

Img_9480

遅い朝食だったので終わったころには私たちが最後の客になってしまいました。

ここは東京から2時間ほどで着くので手軽に利用できます。ただしう那須が紅葉する休日は那須ICから一般道が渋滞するので要注意。

2011年5月 9日 (月)

白石蔵王『だいこんの花』 Part Ⅳ

蔵王の遠刈田温泉にある『だいこんの花』に行ってきました。
震災の際に温泉設備の一部が壊れたほか直接的な被害はなかったそうですが、断水が続きしばらく営業休止していました。ゴールデンウィーク前から営業再開したとのことで、義母・義弟を福島空港まで送ったついでに白石まで足を延ばして2泊しました。

ここは過去記事に詳しいので、差分のみとさせていただきます。

過去記事:


Img_7797

夏場の駐車場。冬に来たことはありませんが、冬季は遠刈田温泉から入ると手前側の駐車場を使っているようです。

Img_7798

■客室

Img_7805

Img_7808

Img_7806

Img_7802

■食事

食事はいままで量が多くて全部たいらげると大変でしたが、今回から量を少し減らし追加メニューを設定する方式に変わりました。野菜天ぷらなどを追加できましたが、もともと私の胃袋には多すぎる量だったので追加オーダーは遠慮しました。

Img_7844

おなじみの野菜煮込み

Img_7849

和牛のすきやき

Img_7851

筍ごはん

今回は2連泊したので、違うメニューもいただきました。

Img_7939

野菜とはまぐりのバーニャカウダ

Img_7941

しゃぶしゃぶ、ではなくこのままいただく和牛のサラダ仕立て

Img_7944

ブイヤベース。初めていただいたメニューです

Img_7947

三元豚のグリルと焼き筍

Img_7956

釜で炊いた豆ごはん。お焦げ付き

健康的な食事のおかげで、二晩お世話になると胃腸の調子がよくなりました。

■朝食

Img_7884_2

2日目(初日)

Img_7992

3日目

■その他

Img_7827

庭に立派なタラの芽が、しかし夕食で振る舞われたものはここで摘んだものではないそうです。

Img_7898

小鳥サロンにて

Img_7980

あらわれるのは小鳥ばかりではありません。

Img_8006


Img_7881_2


今回(5月1~3日)は天気も良くとても気持ちよく過ごすことができました。

しかし帰りは意外にも東北道の上りで大渋滞にはまりました。道路交通情報センターの予報にもない渋滞ですが、震災以降東北道・常磐道の渋滞パターンが変わってしまったようで、予測が不正確になっています。

Img_8008

5月3日の上り渋滞は福島県内がひどく、東京へ向かうにつれて解消されました。東北地方ナンバーの車が多く、道路交通情報センターの予報ではまったく渋滞がない場所と時間帯です。
震災以降は道路事情が変則的になっているようです。

関連記事:

2011年4月19日 (火)

熱海『ふふ』 Part III

熱海の『ふふ』に行ってきました。

我が家には東日本大震災で避難してきた義母、義弟がおり、本来は温泉旅行どころではなくキャンセルするつもりだったのですが、義母の「留守番するから夫婦で行ってくればいい」との言葉に甘えて行ってきました。
震災で遊興を自粛する傾向にありますが、こういう時こそ積極的に経済活動すべきという意見もあって、今回それに一票投じた次第です。

『ふふ』には何度か来ており、このブログにも記事を載せました。部屋、食事など前回までの差分のみとさせていただきます。この記事の下に過去記事へのリンクがあります。

金曜~土曜にかけていきましたので、道路も空いていて快適でした。

Img_7499

エントランスを入ると広いロビーになっています。ここで休む間もなくすぐに部屋に案内されました。

■■ 客室 ■■

Img_7507

今回の部屋は一見細長い部屋。しかし写真の右に寝室があり、さらに奥右に洗面所とシャワー、窓の向こうはテラスとかけ流し露店風呂があって見た目以上にゆったりしています。ここはすべての客室がスィートですが、一部屋ずつ仕様が異なるようです。

Img_7505

寝室。ベッドはキングサイズです。

Img_7502

今回は私の誕生日。特にお願いしたわけではありませんがサービスされました。そういえば昨年も誕生月に来ており、花束をもらいました。


Img_7565

■■ 鉄板焼き ■■

Img_7527_2

Img_7529

Img_7531_2

Img_7534_2

アンチョビのバターソースがかかったアワビが絶品でした。

Img_7538_2

春野菜

Img_7545_2

黒毛和牛(フィレ)。最近は産地をいちいち聞くのも何なので、お聞きしませんでした。焼きが完璧。焼き手の方の技術が今まででもトッププラスでした。

Img_7550

おなじみのガーリックライス。にんにくの醤油漬けといっしょにいただきます。

 

Img_7552

デザートは部屋に運んでいただきました。

■■ 朝食 ■■

 

Img_7575

Img_7578洋食

Img_7580

和食

夜間雨が降りましたが、翌朝やみました。快晴とは言えませんが良い天気になりました。

以前の記事:

 

2011年1月31日 (月)

1月後半の行動・福島~大阪~城崎温泉(竹野)でカニ

相変わらず意味不明のタイトルですが、香港から帰国後翌週は法事で福島県南相馬市へ、最終週(先週)は大阪出張し、その延長でお誘いをうけたカニツアーに便乗しました。

以下2011年1月後半の行動の記録です。

■■ 南相馬(1月21~23日) ■■

Img_6084

常磐道友部SA。南相馬へ向かう途中立ち寄りました。昨年末まで改装中で通過していましたが、今回(1月21日)に立ち寄ったところ新装開店していました。


Img_6088

出店が増え飲食スペースも広がりました。垢抜けて使いやすくなりましたが、以前の地方色が消えてしまったのは残念。


Img_6095

富岡のリベラルパークホテルに宿泊しました。ここはゴルフ場なのですがゴルフはせずホテルとして使っています。

Img_6107

翌朝のゴルフ場風景。氷点下でもプレーする人がいます。寒がりでずぼらな私には120%無理。


Img_6132

これは南相馬の法事(義父の一周忌)での仕出し。妻実家の近所の魚屋さんで用意してもらいましたが、相馬で揚がる新鮮な魚介類を使っていて良かったです。写真から外れていますがマグロの刺身も新鮮。


Img_5300

この写真は小高という町のなじみの寿司屋さんのにぎり。相馬の本マグロを使っています。(以前に撮ったもの)


■■ 大阪(1月28~29日) ■■

Img_6153

今年初めて乗る国内線で大阪へ、気持ちの良い天気でした。


Img_6288

大阪は定宿のヒルトン。 ヒルトンについては以前の記事に詳しいです。

Img_6171

今回はめずらしく明るいうちにチェックインできたので、仕事がある夕方までエグゼクティブラウンジで書き物をして過ごしました。大阪ヒルトンのエグゼクティブラウンジはスィーツが豊富。ここで時間を潰すのも悪く無いと思いました。


Img_6173

翌朝客室から。ここでちゃんと起きればよかったのですが二度寝して少し寝坊しました。

Img_6175

いつも朝食をとる暇も無くチェックアウトするのですが、今回はゆっくりできました。(ラウンジで)


■■ 城崎温泉・竹野(1月29~30日) ■■

Img_6191

京都から「きのさき」に乗りました。この車両はかなり年期が入っていて今にも壊れそうでした。今年の3月に新車に置き換えられるそうです。

Img_6224

乗客は多く混みましたが、車内は古い割にきれいでした。

Img_6228

城崎温泉は雪(城崎温泉駅前)。目的地は更に雪深い竹野というところ。

Img_6237

雪の中、ディーゼルカーに乗り換えて目的地「竹野」へ。

Img_6239

今回の宿泊先「奥城崎シーサイドホテル」の客室から望む日本海(ホテル外観の写真は撮りわすれ)。

Img_6251

カニコースなのでもちろんカニがメインです。写真は「茹で」と「刺身」ですが、この後に「焼き」と「鍋」と続いて最後は粥でしめるというコース。都合4杯のカニをいただいたことになります。
もちろん美味しいのですが、およそ一年分のカニをいただいた気分で、しばらくカニは遠慮することに決めました。

Img_6258

翌朝は降り積もった雪でこんな状態に。城崎温泉駅から特急「北近畿」で大阪に戻りました。

Img_6284

「北近畿」の車両も「きのさき」と同じく古い車両で、今年の3月に置き換えられるそうです。


Img_6291

伊丹空港から飛行機で戻りました。「北近畿」で新大阪まで行き新幹線で帰った方が楽だったのですが、羽田空港に車を置き去りにしてあるのでやむを得ません。

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31