ホテル

2013年4月14日 (日)

三島(西伊豆)『淡島ホテル』 ( 2012年10月)

久々の『淡島ホテル』です。

天気が良く、めずらしく富士山がきれいに見えました。

Img_8538s

Img_8543s

Img_8575s

Img_8579s

部屋は一番多いミニスイート仕様の部屋

Img_8593s

Img_8594s

Img_8597s

Img_8601s

メインダイニングでのイタリアンです。

部屋の様子などは以前の記事に詳しいです。

三島(西伊豆)『淡島ホテル』

三島(西伊豆)『淡島ホテル』の食事

2012年5月 7日 (月)

徳島『ホテルリッジ』2

ゴールデンウィーク最後の日曜から翌日にかけて徳島の『ホテルリッジ』に泊まりました。

ここは毎年必ず行く馴染みの宿ですが、昨年震災の影響で行けなかったため2年振りとなりました。

以前の記事:
お気に入りの宿:徳島『ホテルリッジ』
徳島『ホテルリッジ』

に詳しいので今回は差分のみとします。

Img_5260
今回宿泊した部屋は和室仕様の方。

■到着~カリフォルニアキッチン

Img_5253

写真は「カリフォルニアキッチン」

早めのフライトで徳島空港に降り立つと、いつものスタッフの方が空港で迎えてくれました。空港からは25分程度で、ちょうど昼前につきました。部屋の準備が整うまでの間カリフォルニアキッチンで軽食を取りながら休ませていただきましたが、これがいつものパターンになっています。

Img_5245

シーザーサラダ

Img_5246_2

オニオングラタンスープ

Img_5249_2
サーロインステーキ。1人分を2人でシェアできるよう分けて盛り付けてくださいました。

以前はハンバーガーやスイーツなどをいただくアラカルト中心のメニューでしたが、一昨年秋からコースメニュー中心に変わりました。

今回は軽くいただきたかったので、サラダ、サーロインステーキを妻とシェアしました。

Img_3556
以前はこんなジャンクフードもありましたが・・・(2009年3月)

■夕食

部屋は過去の記事に詳しいので、食事の写真のみとします。夕食、朝食はカリフォルニアキッチンではなくホテルダイニングでいただきます。

以前はホテル隣接の料亭青柳が調理するメニューでしたが、2009年秋からホテルオリジナルのメニュー(スタッフも含め)に変わりました。少し残念に思ったのですが、いただいてみて全く遜色なく安心しました。

Img_5292_2

左の椀はフォアグラをすり込んだ茶わん蒸しのようなもの。トリュフがのっています。

Img_5294_2

澄まし汁は白身魚の種類を失念。美味しかったですが。

Img_5297

写真の角度が悪くよく見えませんが、左上が鳴門鯛、その他は車エビ、本マグロ(隠れて見えない)など。渦巻き状のものは大根のツマですが、きれいに細工されています。

鳴門鯛はこの地域で5月に取れる真鯛で、3~4月にはさくら鯛と呼ばれてます。身が締まって美味しい時期だそうです。ちなみに秋にはもみじ鯛に変わります。

Img_5298

子牛から成牛まで一貫して地元で育てられた徳島牛の一貫牛のいちぼ。石焼でいただきました。

Img_5302

写真が不出来(影)ですが、石焼しておいしくいただきました。

Img_5309
あまり美味しい印象がない「エイ」ですが、とても美味しくいただきました。

Img_5312
筍、エンドウなどの煮物

Img_5316

たいらぎ貝の殻に盛り付けられた、たいらぎの貝柱、鳥貝、赤貝など。

「たいらぎ」は身を捨てて貝柱だけ食べる珍しい貝で、福岡県などでは粕漬けにして食べる習慣があるようです。関東ではまず見ない貝です。

Img_5317

鳴門鯛の炊き込みご飯。

Img_5319
そば米汁と一緒にいただきました。

Img_5327
デザート

Img_5347

朝食も2009年秋以降ホテルダイニングによるレシピ、調理に変わりました。小皿料理は以前の青柳の朝食を踏襲。

Img_5350_2

デザート。

次の3枚は以前の青柳による朝食(2010年5月)

Img_0606

Img_0608_2

Img_0608

Img_0608_3

Img_0612
以前の朝食は残すほど量が多かったのですが、新メニューは程よい量で私にはちょうど良かったです。

今回は天気が良く、鳴門海峡大橋がきれいに見えました。

Img_5254

Img_5341

朝日

2012年1月 3日 (火)

【備忘録】2011年に泊まった日本のホテル

昨年度国内で宿泊したホテルの備忘録。旅館・オーベルジュは除きます。


■ヒルトン大阪(1月、10、11月)

大阪出張の際の定宿ですが、それほど頻繁に行くわけではありません。

Img_3075

Img_3071

12月下旬に立ち寄った際にはクリスマスデコレーションが施され、ロビーには大型のジオラマがありました。

Img_1418

Img_6173

Img_6175

エグゼクティブラウンジがゆったりしています。午後はケーキなどのスゥィーツが振る舞われます。

参考記事: 『ヒルトン大阪&名古屋』・週末は大阪~那須へ?


■ ホテルニューオータニ大阪

Img_3052

ヒルトンではなく客先に近いニューオータニ大阪にも泊まりました(12月下旬)。

Img_3050

大阪城を望む。この写真は大阪城公園駅付近の高台から撮りましたが、部屋によってはホテルからも見えそうです。

Img_3054
こじんまりととした部屋ですが、清潔で快適です。

Img_3057

広いロビーにおおきなツリーがありました。


■ ヒルトン福岡シーフォーク(12月上旬)

福岡はホテル日航を良くりようしていましたが、福岡に住むいとこの住まいの近くにあるヒルトンに泊まってみました。ここはダイエー→日航と経営が変わり、昨年からヒルトンになった経緯があります。

Img_2531

Img_2532

スィートルームにアップグレードしましたが、この通り4人が泊まれる仕様。

Img_2543

ここはエグゼクティブラウンジが無い代わりに、チョコレートかスパークリングワインを選択していただけます。

Img_2575

Img_2578

建設時期を考えるとバブル仕様で、いかにも大げさなロビーダイニングですが広々として案外くつろげます。このホテルはダイエーと日航が手離した形ですが、ヒルトンの力で良いホテルに再生してほしいものです。


■ 大牟田ガーデンホテル

用事があって今年は3回お世話になりました。

Img_9149

広めの部屋。

Img_9323

こちらは普通の部屋。

Img_9332
料金など全体的にビジネスホテル並みではありますが、カフェでの朝食はバイキングながら好みの卵料理を作っていただけます。


■ 郡山ビューホテル(5月、12月上旬)

8月と12月、南相馬へ行く途中立ち寄り宿泊しました。

Img_2784

Img_2778

Img_2782

郡山ビューホテルアネックス(上3枚・12月上旬)。

Img_9196

Img_9206

こちらは少し離れた郡山ビューホテル。
いずれも国道4号線からすぐのところにあり便利です。駅からはアネックスのほうが最寄。

リーズナブルなホテルです。あまり新しい造りではありませんが清掃が行き届いておりとても快適です。


■ 京都新阪急ホテル(7月)

Img_8954

京都駅前の便利な立地ですが、他に写真もなく詳しい内容は失念。


■ サンルート福知山(7月)

Img_8773

Img_8781

地方色たっぷりの小さなホテル。部屋は息が詰まるほど狭いのですが、きれいに整備されており快適でした。


■ ホテルオークラ神戸(2月)

Img_7006

Img_0601

Img_0585

三ノ宮、神戸の駅からは少し離れていますが、部屋から角度によって山と海の両方が望めます。
東京のオークラは(泊まることはありませんが)打ち合わせや食事で良く利用しますが、神戸はこれまで3回お世話になりました。


■ リベラルパークホテル(福島県富岡町・1、2月)

Img_6344

Img_6337

Img_6339

ここはカントリークラブ隣接のホテルで、南相馬に移動する際にはよく利用しました。簡素ですが快適なホテルでした。

原発から4キロ程度の距離で廊下の窓からも原発が見えました。原発事故以来もちろん立入禁止となっており、ここへは当分の間足を踏み入れることはできないでしょう。残念です。

2011年8月 8日 (月)

京都・群馬・福岡・福島:ビジネスホテルとレンタカー

7月下旬~8月にかけてあちこち飛び回りました。この記事は単なる備忘録です。

■ 京都(7月26~27日)

Img_8942

京都となるとさすがに新幹線のほうが便利という意見が多数。マイル目的とからかわれています。しかし伊丹空港~京都間はバスで50分程度と意外にも近い距離にあります。

Img_8935

実は羽田空港が捨てがたいのはこの駐車場です。よほどひどい渋滞でもない限り電車よりも確実に早く着き、しかもターミナル直結。 特に疲れて羽田に着いた時は自家用車に乗ると帰宅した気分になり、ほっとします。

Img_8950

伊丹空港から京都駅八条口行きのバスに乗りました。所要50分のところ45分程度で到着。途中WIMAXでインターネットを試しました。高速道路ではほぼ常時利用可能でした。

Img_8954

今回は駅前の新阪急ホテル。外見は古めかしいホテルですが内装は比較的きれいでした。

Img_8962

新阪急ホテルの裏にある居酒屋さんで宴会がありました。ヨドバシカメラの側道から入ったところですが、この一角は独特な雰囲気につつまれていました。

Img_8964

新阪急ホテルの朝食。バイキングです。

Img_8966

今回の目的地、京都テルサ。

午前中の短い仕事でした。その後京都駅八条口からバスに乗り伊丹空港に向かい、東京に戻りました。

■ 群馬(谷川温泉) 7月31・8月1日

  7月31~8月1日にかけて、谷川温泉の『別邸・仙寿庵』に行きました。
  谷川温泉『「別邸 仙寿庵』

■ 福岡 8月1日~4日

  ペースメーカー装備の母(身体障がい者1級)に付き添い福岡県に行きました。
 Img_9110
京都に飛行機に行くとマイル目的とからかわれますが、福岡となるとさすがに「新幹線」という人は少ないでしょう。、

福岡空港はタクシーで博多駅付近まで10分程度、地下鉄も2~3駅と近く便利です。しかし福岡空港で意外にもおすすめなのは「レンタカー」です。

Img_9115

これは福岡空港国内線のターミナルですが、この反対側(下)がレンタカーです。

Img_9114

信号を渡った先にある「日産レンタカー」は飛行機を降りて2~3分の距離。他の空港ではバンなどで移動するので面倒ですが、福岡空港は目の前で借りられます。

Img_9139

Img_9140

Img_9121

今回のレンタカーは『ティアナ』。 FFなので取回しが悪い印象がありましたが、以前のモデルよりも改善されえていました。2.3L仕様(おそらく4気筒)ですが、下のスカイラインよりも静かで(少なくとも同乗者にとっては)快適です。

日産レンタカーでは『ティアナ』と『スカイライン』が同じクラスで、前回福岡空港で借りた際は『スカイライン』でした。

Img_4277

Img_4278

2.5L・V6ですが、実はこのスカイラインは静粛性に欠けるような気がします。スポーツ仕様なのでしょうか。しかしこのスカイラインはきびきびと走るので私は嫌いではありません。
(スカイラインは2009年の写真)

■ 福島 (8月5~7日)

東京に避難していた南相馬の義母の一時帰宅のため、義母を連れて南相馬に向かいました。往路夕方の都内出発となったためにいったん郡山で宿泊しました。

Img_9194

東北道は夏休みの金曜夕方とはいえ空いていました。途中上河内SAで休憩しましたが、このとおり節電で真っ暗。レストランが閉店かと勘違いしました。

Img_9206
依然として放射線量が高い状態にある郡山ですが、市内は祭りと重なり大勢の人で賑わっていました。宿泊は『郡山ビューホテル』。

Img_9197
決して新しくはありませんが、手入れが行き届いたホテルでした。

Img_9203

朝食はなぜか中華レストランでのバイキング(内容は中華でなく和洋バイキング)。

Img_9202

原発事故さえなければ平静な夏を迎えたはずの郡山市内。

Img_9207

心なしか子供の姿が少なく感じました。しかし道路を走行する限り町は通常と変わりありません。

この後川俣~飯館を経由して南相馬へ向かいました。
川俣村・飯館村~南相馬へのルート・荒れる田畑と大量発生した昆虫

2011年3月 1日 (火)

帝国ホテル『嘉門』と神戸出張・過去記事(みやちく、北野ホテル)付き

まとめて書き込み中です。先週末は日比谷帝国ホテルの老舗鉄板焼き『嘉門』に行き、翌日は珍しい日曜仕事で神戸に行って来ました。

■■ 帝国ホテル『嘉門』 ■■

Img_6971

Img_6960

帝国ホテルの最上階にありますが、さすが老舗だけあって貫禄は十分。

Img_6961

サラダにも軽くあぶった牛肉が盛りつけてありました(他のタイプも選択可)。

Img_6964

今回は軽いランチコースを妻が予約していました。実はオーストラリア牛なのですが、私は脂肪分の多い和牛がきついと思うこともあって、さっぱりとしたオージービーフも実は好みです。おそらく相当寝かしてあるようで、柔らかみとこくがでていて美味でした。焼き方もソツがありません。(種類はフィレ)

<<番外編.>>
Img_6338

嘉門のオージービーフで思い出したのが、ウェスティンホテル東京の鉄板焼き『恵比寿』でいただいたオージービーフ。これも淡泊で美味しいフィレ肉でした。オージーでも質の良い肉を選べば美味です。
もちろん脂肪分の甘みを追求すれば和牛に軍配が上がりますが、そこは好みの問題です。

Img_6969

これはサプライズ。ウェブ予約で結婚記念月が登録されていたようで、デザートには"Wedding Anniversary"とスペシャルデコレーションが施されていました。 お祝いに来たわけでは無いのですが、スナップ写真まで撮ってもらい少し照れくさい気分でした。

Img_6958

ちなみに帝国ホテルは駐車場が古く少々狭いです。半階分ずつ上がっていくタイプの自走式で、空きを探してぐるぐると上まで回っていくと目が回りそうになります。
都内の新しいホテルでは汐留のコンラッド、リッツカールトン、グランドハイアットなどが駐めやすく、古いホテルではオークラや目白のフォーシーズンが雨ざらしですが広くて駐めやすいです。


■■ 神戸出張 ■■

嘉門で美味しいお昼をいただいた翌日は早朝から神戸出張でした。

Img_6984

早朝便で発つためまだ薄暗いうちに家を出ました。お陰で羽田空港のP1の4F(ベストポジション)に駐められました。

Img_6990

天気が良く、朝日を浴びながら出発。

Img_7001

神戸(三宮)は春の陽気でした。

Img_7004

時間があったので元町界隈を徘徊。

Img_7006

日帰りできる予定ではなかったのでホテルに泊まりました。今回はホテルオークラ神戸。


神戸といえば、JAL便も撤退し鳴りを潜めた神戸空港。今ははどうなっているのでしょうか。
(08年9月に撮影)
Img_0580

神戸・三ノ宮から神戸空港は近くて便利かもしれませんが、伊丹空港も車で30~40分程度なので、神戸空港の位置づけが今ひとつ明確でないように思います。

Img_0601

ホテルオークラ神戸は港にそびえ立って見えます。しかし元町あたりから歩こうとするとなかなか着きません。駅付近からはシャトルバスかタクシーで行くのが無難(08年9月撮影)。

Img_0697

ホテルオークラ神戸のロビーは東京のホテルオークラのロビーとうり二つで、東京のオークラに居るような錯覚を覚えます。同系ホテルなので似ているのは当然ですが、ここまでそっくりなのも珍しいと思います。


Img_7016

翌月曜日に東京に戻りましたが、昼のフライトで。そのためゆっくり朝食をいただく時間ができました。

Img_7017

月曜は生憎の雨。しかもかなり激しく降りました。それでも神戸は暖かかったのですが、東京に着くと雪が舞う真冬に戻ってしまいました。

■■ 神戸の写真<古いアルバムから> ■■

ここは以前の写真から。。

Img_0675

老舗の炭火焼点「あらがわ」でいただいたフィレステーキ。炭火といっても網ではなく炉で焼くので脂が落ちずしっとりとしています。(08年9月)


何度かお世話になった『北野ホテル』も良いホテルでおすすめです。

Img_8255


Img_8248

古い洋館ですが、客室はきれいに整備されており快適です。


Img_8264

ここのフレンチダイニングは本格的で、ワインやミネラルウォーターをたくさん取りそろえています。しかしフレンチなのでビールがありません。

Img_8279


Img_8295

ダイニングでのフレンチは一流ですが、北野ホテルでの朝食もおすすめです。
(『北野ホテル』での写真は07年9月撮影)

ここしばらく神戸でゆっくり過ごす機会がなかったので、また行って見たい気分になりました。

2010年12月18日 (土)

パリ・ニース・ロンドンで食べた物(基本B級)

今回のパリ・ニース・ロンドン出張で食べた物から。
基本的に量が多いので大変です。 帰国して3日経ちましたがまだ胃がもたれた感じが取れません。

Img_4989

パリ定番のシーフードプラター。基本は前菜なのですが、これだけでお腹いっぱいになってしまいます。

Img_4988

実はこれは前菜


Img_4991


Img_5068


Img_5125

ニースでいただいたピザ。ニースは基本的に食べ物が美味しく、イタリアンが近いこともあってピザも美味しいです。

Img_5190

これはニースでいただいたコテコテのフレンチ。
フィレステーキにフォアグラのソテー、更に黒トリュフソース。私は好きですが、案外苦手な人も多いようです。
(量が多すぎて残しましたが)

パリ・ニース・ロンドン(出張)

真冬のヨーロッパ出張でした。

パリ、ニース、ロンドンを1週間で回ってきましたが、途中パリで25年振りという大雪に見舞われ、ニースへの飛行機がキャンセルされるなど大混乱でした。

■■■ パリ ■■■

Img_5073


Img_5079

パリは25年振りという大雪。
シャルルドゴール空港から市内への高速道路はほぼ通行不能状態に陥り、夕方で所要5時間、夜間は不通となり取り残された車に帰宅できない人が溢れ、周辺の家具屋がベッドを開放するなどして大騒動でした。

私は仕事でシャルルドゴール空港近くの展示会場にいましたが、電車を使ってなんとかホテルに帰着できました。


Img_5074

パリでの宿泊先、コンコルドラファイエット。

Img_4984

大型ホテルです。4星ですが、特別良くも悪くも無い標準的なホテルです。


Img_4977

比較的新しく、そのため客室も機能的で快適。パリではめずらしくLANが無料で利用できるのでインターネットを多用する人にはおすすめです。


Img_5091

大雪の翌日パリは快晴になりました。

Img_5094

初めて凱旋門に登ってみました。長いらせん階段を上ります。
凱旋門の上からはパリを一望できます。

Img_5106

エッフェル塔

Img_5101

コンコルド広場方面を望む。小さく観覧者が見える所がコンコルド広場です。


Img_5100

中央左に見える丘(小さな寺院の屋根が見える)がモンマルトルの丘です。

この後快晴のパリを後にニースに向かいました。
ところがニース行きのフライトが北欧の大雪の影響で欠航になり大騒動でした。振り替え便がまた欠航するなど大混乱で、最終的に何とかニースに着いた時には午前0時を回っていました。


■■■ ニース ■■■

Img_5210

しかし、やはり南仏ニースは気持ちよかったです。寒いですがパリほどではなく、何よりも天気が良いの快適でした。写真↑は宿泊先のメリディアン。

Img_5113

客室は改装されてとてもきれいでした。

Img_5196

少し寒いですが、バルコニーからは地中海が見渡せます。

Img_5216


Img_5213

こちらはモナコ方面。

Img_5214


■■■ ロンドン ■■■

Img_5246

今回宿泊したホテルラッセルはラッセルスクェアある古いホテルです。4つ星ですが古く格調ある建物が特長です。

Img_5237

建物が古いので部屋は狭く、壁も傾斜するなど機能的ではありません。しかし整備されていて快適です。

Img_5250


Img_5277

ロンドンからの帰国便が夜だったので、チェックアウト後タクシーを待つ間ホテルのカフェで休憩。

この後JAL便で成田に帰りました。

2010年12月 2日 (木)

那須『二期倶楽部』(再来)

11月最後の週末、那須の二期倶楽部に泊まりました。

何度も来ており、7月に投稿済みの記事
那須『二期倶楽部』

もありますので、今回は差分のみとします。

Img_4617

お馴染みの『二期倶楽部』本館


Img_4625

少し早くついたので本館ロビーで休ませていただきました。


Img_4619

好天でしたが那須は冷え込みました。既に暖炉が灯っていました。


Img_4639

今回宿泊した客室は本館の離れ。改装されたばかりで綺麗でした。
暖炉のあるリビングと寝室の2部屋に分かれます。

Img_4648

マントルビースのみではなく本物の暖炉です。強風で室内に吹き込んでしまうとのことで今回は使用しませんでした。


Img_4645

寝室


以下は今回いただいたディナー。本館ダイニングです。

Img_4676


Img_4679

前菜はフォアグラのパイ包み。前菜にしてはボリュームが多く後がきつくなりました。


Img_4685

「きりたんぽ」や野菜を浮かべたコンソメスープ


Img_4689

これはメインの魚料理。鰻です。

Img_4691

メイン(肉)。那須牛ですが和風仕立てで食べやすかったです。


Img_4699

今回は量の多いコースなので、パンがつくと最後まで持ちません。その代わりにメインの後小さなごはんが出ました。

Img_4701

素朴なデザート

上質なディナーで美味しくいただきましたが、量が多く全部平らげるのは大変。大食漢の人は満足できそうです。


Img_4714

翌朝は気持ち良く晴れました。本館の温泉からわずかに残る紅葉がきれいでした。


Img_4710

外は0度まで下がりました。


Img_4728


Img_4729

朝食も本館で。



那須『二期倶楽部』
に東館、和室、東館のディナーなどの写真がありますのでご覧ください。

2010年10月 3日 (日)

ナパ旅行その他・サンフランシスコ・レンタカー・機内食など

ナパ旅行、諸々の写真です。

■■■ 往復の機内食 ■■■

Img_2530

毎度おなじみのJAL便です。サンフランシスコ便はJAL伝統の001/002便です。これはJALが初めて就航させた国際線がサンフランシスコ便だったからのようです。


Img_2543


Img_2552

行きの洋食。以前よりも見栄えが良くなりました。しかしデザートワゴンを省略するなど見えにくいところでうまくコストカットしています。経営再建中のJALですが、元株主としても応援したいところです。


Img_3945

帰りの和食。

Img_3955

ピンぼけ写真ですが、和食のメイン「すき焼き」。
魚沼産こしひかりを機内で炊いているとのことです。帰国便ではこれでお茶漬け程度に済ませたい気分です。

ちなみに、サンフランシスコ便は微妙に飛行時間が短いためか、欧州線で選べるカレー、お茶漬けなどのアラカルトメニューがありません。

Img_0932

「カレー」。これはロンドン線かどこかで撮ったもの。 帰りはこれにしようと思っていたら、サンフランシスコ線にはありませんでした。

JALファーストクラス・エグゼクティブクラスの機内食



■■■ レンタカー ■■■

今回借りたConvertible。いわゆるオープンカーですが、クライスラーのSebringという日本には輸入されていない車種でした。写真ではコンパクトに見えますが、車長4.9メートルの大型車です。

Convertible はレンタカーではラグジュアリークラス(高級車の下の方)のグレードで手配できます。リンカーンやキャディラックSTSなどと同じ料金です。

アメリカはレンタカーが安く、これを1週間借りて700ドル以下です。


Img_2822


Img_2823

せっかくのコンバーチブルですから、オープンにして走りたくなります。しかし幌を開けるトランクルームが狭くなり、大型ラゲージは入りません。 今回はラゲージが少なかったので何とか入りましたが、基本的にゴルフバックが2個程度しか入りません。



■■■ ホテル ■■■

Img_2597_2


Img_2589

ナパで4泊したシルベラドリゾート。今回は直前にウェブから予約したところ、格安パッケージが適用されて狭い部屋になってしまいました。 


Img_3654


Img_3647

サンフランシスコ市内で泊まった「San Francisco Hilton Union Square」。 以前サンフランシスコ市内にヒルトンはここしかありませんでしたが、最近中華街近くにも出来ました。そのためUnion Squareが名称に付きました。
ここはユニオンスクエアの近くで便利です。隣はホテルニッコ-、この付近で一番良いのはWestinでしょうか。


Img_3882

こちらはサンフランシスコ空港近くのヒルトン。市内の2泊目が一杯で予約が取れず、帰国前夜は空港に来ました。ここは初めて宿泊しましたが、市内のヒルトンよりも設備が新しく快適です。車があればこちらでも良いと思いました。



■■■ サンフランシスコ ■■■

Img_3827

フィッシャーメンズワーフ。最近はここよりも少しはずれにあるピア39の方が賑やかです。


Img_3836

お馴染みのケーブルカー。今回は車で移動したため乗りませんでした。


Img_3727


Img_3732

Lombard ストリート。勾配を少しでも緩くするためにくねくねと曲がった道。有名なスポットの一つです。

今回ここを初めて車で通過しました。ここは観光客が多く、しかも今回はオープンにして通ったため私たちの車が格好の被写体になってしまいました。


Img_3871

年代物の路面電車。有名なケーブルカーとは別ですが、これもよく見かけます。


関連記事:
ナパでの食事
ナパ・ワイントレイン
ナパで気球に乗る
ナパ・ソノマ・カリフォルニアワイン巡り(全行程)

2010年7月25日 (日)

那須『二期倶楽部』

2010年7月24~25日の週末に那須の『二期倶楽部』に行ってきました。 
ここは、2~3室程度客室があるコテージが連なった建屋になっており、各部屋は比較的ゆったりとした造りになっています。本館と東館があって、それぞれ20室程度の設定。本館、東館それぞれ小川を挟み完全に独立したホテルといえる造りですが、敷地全体には料理で使うための水田や菜園があって広大です。

東北道の那須ICから那須街道を那須湯本方面に向かって上り、途中雑木林の中に唐突に現れる信号の無いT字路(下守子)を左折(ちなみに私は「下守子」という交差点名の看板を見た記憶がありません)。
サファリパークを過ぎてしばらく行き、案内版を見たらそこを右折して少し行くと左手に東館の入口があります。東館の入口を通りすぎ小川の橋を渡った先には本館入り口があります。入口に大きな看板があるわけではないので要注意。

Img_2032

東館のロビーエントランス。東館のエントランスには車寄せがあります。


Img_2018

こちらは本館のエントランス。


Img_0773_2

本館エントランス前には車寄せが無く、車2台が入る程度の袋小路になった駐車スポットしかありません。しかし本館を目指す場合はここが終点です。(2008年春の写真、偶然奥のうちの車とそっくりな他人の車とが仲良くそろいました)


Img_1862

今回は途中まで快晴でしたが、那須に着いたころから急に雲行きがあやしくなり、この通り大雨になりました。(東館ロビーにて)


Img_1864

少し早く着いたので、部屋の準備ができるまでロビーで休みました。


Img_0878

こちらは本館ロビー。ライブラリーにもなっています(こちらは以前滞在時に撮ったもの)。


Img_1865


Img_1870

上2枚は今回泊まった客室。東館のスタンダードルーム。以前東館に泊まった時も左右対称の同じタイプの部屋でした。


Img_1901

東館のコテージ(泊まった部屋の入口)。


Img_0775

本館の和風スタンダードルーム(以前泊まった際の写真)。和室の隣にベッドルームがあったのですが写真を撮りわすれました。


Img_0786

本館の和室へのエントランス。


Img_2021

本館でお勧めとされる池の前の部屋。残念ながらここにはまだ泊まったことがありません。


Img_1880

Img_1883

東館のスパ(屋内と露天)。早い時間に独り占めしたので写真に納めました。大浴場は本館よりも東館が広々としています。


Img_1887

スパの隣のラウンジ。居心地がよく居眠りしそうです。


Img_1918

アミューズ


Img_1919

前菜


Img_1922

前菜2。穴子にバルサミコソースがかかっています。バルサミコといっても酸味が弱く甘いタイプ。


Img_1926

メインの魚。今日はおすすめの真鯛を選択。


Img_1930

メインの肉料理。シェフお勧めの子牛。


Img_1933

こちらは那須牛のサーロインステーキ。


Img_1939

デザート。今月は妻の誕生月で、頼んでいないのに「Happy Birthday」サービスがありました。


Img_1952

これは「二期倶楽部」定番の夜食「いなりずし」。夜各部屋にデリバリしてくれます。


Img_1965


Img_1971


Img_1972

雨は夜遅くに上がり、このとおり爽やかな朝を迎えました。緑がきれいです。

Img_2014_2

朝食は妻が和食が良いと言うので本館でいただきました。東館は洋食専用になったようです。

Img_2003

新鮮な卵や菜園の野菜の浅漬けなどが配膳されてきます。

Img_1999

菜園で採れた新鮮野菜のサラダ。えぐみの無い茄子が添えられています。


Img_2004

和食のお膳。重になっています。


Img_2010

釜焚きのお米も敷地でとれたもののようです。しかしまだ新米の季節ではないので去年のお米でしょうか。


Img_2012

フルーツをいただくまで、ゆっくり90分はかかりました。


Img_0772


Img_0773_3

最後の2枚は、2006年7月に東館でいただいた朝食の写真。洋食です。

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31