鉄板焼

2013年4月14日 (日)

シャングリラホテル東京『なだ万』

シャングリラホテルにある『なだ万』の鉄板焼きです(2013年1月)。

Img_1804s

Img_1773s

Img_1777s

Img_1778s

Img_1782s

Img_1786s

Img_1790s

Img_1793s

Img_1798s

『なだ万』らしくそつのない上質な鉄板焼きでした。

東京にシャングリラホテルが開業して3年以上経ちますが初めて行きました。車では永代通り日本橋→大手町方向でないと駐車場に入れないため、要注意です。

2012年3月25日 (日)

新橋『ステーキハウス川奈』

新橋(銀座より)、外堀通り沿いにある老舗店『ステーキハウス川奈』に初めて行ってきました。

Img_3806
前からここを通るたびに古めかしい看板が気になっていました。

Img_3796

店内は全席カウンター。2月の日曜の夕方ということもあってまだ空いていました。

Img_3791

野菜スープ。

Img_3792

詳細は失念しましたが、美味しかったです。

Img_3793

広島産の牡蠣。

Img_3795

フォアグラも美味しくいただきました。ワインソース。

Img_3798

お肉の前にいただいた野菜。

Img_3800

肉のアップです。

高級なお店と思いますが、格式ばったとところがなく、居心地の良いお店です。もちろん鉄板焼きは上質で美味でした。
(2012年2月中旬)



青山一丁目『青山牛彩』

青山通りから南側に入ったところにある『青山牛彩』に行きました。
上質な秋田牛をいただきました。

Img_3750

少し歩いたところにある駐車場に停めましたが、真ん前がコインパーキングでした(但し2台のみ)。

Img_3751

静かな雰囲気のカウンターに案内されました。

Img_3754

前菜も秋田牛。

Img_3758

鮮魚の前菜。

Img_3761

フォアグラ。ハンガリー産とのことで、廉価ですが淡泊で美味しい素材です。フランス産とは違った触感で美味しいです。ブタペストでグヤーシャと一緒にいただいたフォアグラを思い出しました(関連記事→【ヨーロッパ2011】ブタペスト)。

Img_3765

イセエビ。これだけでも満足です。

Img_3768

写真では判りにくいですが、アワビです。好物が続きます。

Img_3771

そろそろ満腹になりかけていますが、美味しいシイタケもいただきました。

Img_3773

下手な写真でサシが良く見えませんが、秋田牛のサーロイン。3人前です。

Img_3776

美味しくいただきました。

Img_3778

先ほどいただいたイセエビの頭を使った味噌汁がでました。ごはんはガーリックライス。

Img_3782

デザート。

上質で美味しいのですが量が多く、やっと最後まで食べられたという感覚でした。同行した大食漢の友人は大満足だったようです。
(2012年2月)

2011年12月31日 (土)

伊豆高原『サンジュリアン』

お気に入りのオーベルジュ『サンジュリアン』のダイニングが改装され、鉄板焼きダイニングになりました。鉄板焼きフレンチというコンセプトで、以前からの上質なフレンチは健在でした(2011年12月中旬)。

今回はチェックインの際に広めの部屋に変更していただきました。

Img_2997

Img_2998

Img_3007

Img_3009

温泉・露天風呂も健在

■ディナー

ディナーはシェフが目の前の鉄板で調理してくれます。シェフは「お客さんの顔が見えるのが良い」とのことで、会話が弾みます。

Img_3013
右上に白子のフリッターがありますが、これも鉄板で目前で調理していただきました。

Img_3014

目の前で新鮮なフォアグラがカットされ、丁寧に焼かれました。

Img_3015

金目鯛とアサリが入っています。調理用のビニール巾着で鉄板で温めていただきました。

Img_3016

黒毛和牛のサーロイン。サシが多すぎない淡泊なサーロインで好みのタイプでした。サシが多いサーロインは、客層が高齢になると不評のようです。私もこのタイプの肉が良いと思いました。

Img_3017

フレンチなので「まさか」無いだろうと思っていたら、しっかり目の前で焼いてくださいました。(ガーリックライス)

Img_3018

デザート。

今回写真は撮りませんでしたが、サンジュリアン定番のコンソメスープも健在でした。

Img_6667

(2009年7月の写真)

Img_3025

朝食も鉄板焼きダイニングでいただきます。改装して窓が増え、とても明るく気持ちの良いダイニングになりました。

Img_3026

これまで定番だったオムレツは鉄板焼きでは難しく、目玉焼きにかわりました。

参考記事:

お気に入りの宿・伊豆高原『サンジュリアン』

2011年10月30日 (日)

西麻布鉄板焼き『鉄板焼キュイジーヌ笹繁』

西麻布の『鉄板焼キュイジーヌ笹繁』です。

ここも投稿までに一か月以上経過してしまったため、詳細は忘れかけた部分もあります。
カウンター席で焼き手の方と会話しながら楽しくいただきました。

Img_9660

Img_9662
新鮮な野菜が印象に残りました。

Img_9664

サーモンは皮をむいて食べやすい状態で焼いていただきました。

Img_9665

韓国のりにご飯とウニが。しのぎに軽くご飯をいただくのも良いと思いました(ピンボケですが)。

Img_9666

メインの鉄板焼き。

Img_9669

目の前でお好み焼きを焼かれたお好み焼き。他の人が頼んだメニューとばかり思っていましたが、「はいどうぞ」と目の前に置かれてびっくり。コースメニューのようです。

Img_9671

スイーツをいただいて終わり。

今回はリーズナブルなロース肉を使ったコースでしたが、焼き手さんの腕も良く良質な鉄板焼きでした。

 

2011年7月23日 (土)

赤坂『神戸牛懐石511』

A5ランク(最上級)の神戸牛をいただける『神戸牛懐石511』に行きました。赤坂にあります。

「鉄板焼き」のカテゴリーがついていますが、正確には「窯焼き」です。

店名の"511"とは、A5ランクの"5"と12等級の"11等級"以上(12等級は滅多にない)からとったもの。いずれにせよ最上級を意味します。

Img_8857

行き方はウェブサイトに詳しいですが、車は一ツ木通りを入り一通出口にぶつかる手前を右折した左側です。周囲にコインパーキングがあります。今回私はうっかり山王下(日枝神社)から赤坂サカス方面に入ったため、回り込めず止む無く赤坂BIZタワーに駐車し、少し歩きました。

Img_8860

一頭買いなのでさまざまな部位をいただくことができます。サラダにも神戸牛が添えられていましがた、残念なことに部位を失念。

Img_8862

冷静スープ。ヤングコーンが浮かんでいます。強烈に熱い日だったのでとてもおいしくいただきました。

Img_8865
お肉と同じ釜で焼いたパン。

Img_8867

Img_8868
神戸牛のサーロイン。窯焼きで、表面はカリッと、中は油が抜けずにしっとりと仕上がっています。
久しぶりに素晴らしいと思えるお肉をいただきました。

<<番外編>>

Img_0675

神戸の『あらがわ』でいただいた神戸牛の窯焼き(08年9月の写真)。
部位にもよるかもしれませんが、油の多い黒毛和牛は窯焼きが一番おいしいのではないかと思っています。
(「神戸牛」、「窯焼き」で思いだしただけで、『神戸牛懐石511』と『あらがわ』は直接関係があるわけではありません)

Img_8875

最優秀賞を受賞した牛を一頭買いした証拠。
お店の方に「日付に注意」とアドバイスをいただきました。以前のものをずっと飾るお店もあるそうです。

Img_8876

これも優秀賞を受賞した個体の証明。

妻が一休で格安に手配したので、申し訳ないほどリーズナブルにいただきました。 しかしアイテムを減らして前菜、スープの次にすぐお肉がでてくるので、肉を味わうのに最適と思います(フルコースでは前菜~魚までの肉の前に満腹になってしまう)。

お店の方も親切。 『あらがわ』さんとの味と比べてどうかと聞かれましたが、私のいいかげんな舌では横に並べて食べ比べでもしない限り甲乙つけるのは困難でした。

2011年3月 1日 (火)

帝国ホテル『嘉門』と神戸出張・過去記事(みやちく、北野ホテル)付き

まとめて書き込み中です。先週末は日比谷帝国ホテルの老舗鉄板焼き『嘉門』に行き、翌日は珍しい日曜仕事で神戸に行って来ました。

■■ 帝国ホテル『嘉門』 ■■

Img_6971

Img_6960

帝国ホテルの最上階にありますが、さすが老舗だけあって貫禄は十分。

Img_6961

サラダにも軽くあぶった牛肉が盛りつけてありました(他のタイプも選択可)。

Img_6964

今回は軽いランチコースを妻が予約していました。実はオーストラリア牛なのですが、私は脂肪分の多い和牛がきついと思うこともあって、さっぱりとしたオージービーフも実は好みです。おそらく相当寝かしてあるようで、柔らかみとこくがでていて美味でした。焼き方もソツがありません。(種類はフィレ)

<<番外編.>>
Img_6338

嘉門のオージービーフで思い出したのが、ウェスティンホテル東京の鉄板焼き『恵比寿』でいただいたオージービーフ。これも淡泊で美味しいフィレ肉でした。オージーでも質の良い肉を選べば美味です。
もちろん脂肪分の甘みを追求すれば和牛に軍配が上がりますが、そこは好みの問題です。

Img_6969

これはサプライズ。ウェブ予約で結婚記念月が登録されていたようで、デザートには"Wedding Anniversary"とスペシャルデコレーションが施されていました。 お祝いに来たわけでは無いのですが、スナップ写真まで撮ってもらい少し照れくさい気分でした。

Img_6958

ちなみに帝国ホテルは駐車場が古く少々狭いです。半階分ずつ上がっていくタイプの自走式で、空きを探してぐるぐると上まで回っていくと目が回りそうになります。
都内の新しいホテルでは汐留のコンラッド、リッツカールトン、グランドハイアットなどが駐めやすく、古いホテルではオークラや目白のフォーシーズンが雨ざらしですが広くて駐めやすいです。


■■ 神戸出張 ■■

嘉門で美味しいお昼をいただいた翌日は早朝から神戸出張でした。

Img_6984

早朝便で発つためまだ薄暗いうちに家を出ました。お陰で羽田空港のP1の4F(ベストポジション)に駐められました。

Img_6990

天気が良く、朝日を浴びながら出発。

Img_7001

神戸(三宮)は春の陽気でした。

Img_7004

時間があったので元町界隈を徘徊。

Img_7006

日帰りできる予定ではなかったのでホテルに泊まりました。今回はホテルオークラ神戸。


神戸といえば、JAL便も撤退し鳴りを潜めた神戸空港。今ははどうなっているのでしょうか。
(08年9月に撮影)
Img_0580

神戸・三ノ宮から神戸空港は近くて便利かもしれませんが、伊丹空港も車で30~40分程度なので、神戸空港の位置づけが今ひとつ明確でないように思います。

Img_0601

ホテルオークラ神戸は港にそびえ立って見えます。しかし元町あたりから歩こうとするとなかなか着きません。駅付近からはシャトルバスかタクシーで行くのが無難(08年9月撮影)。

Img_0697

ホテルオークラ神戸のロビーは東京のホテルオークラのロビーとうり二つで、東京のオークラに居るような錯覚を覚えます。同系ホテルなので似ているのは当然ですが、ここまでそっくりなのも珍しいと思います。


Img_7016

翌月曜日に東京に戻りましたが、昼のフライトで。そのためゆっくり朝食をいただく時間ができました。

Img_7017

月曜は生憎の雨。しかもかなり激しく降りました。それでも神戸は暖かかったのですが、東京に着くと雪が舞う真冬に戻ってしまいました。

■■ 神戸の写真<古いアルバムから> ■■

ここは以前の写真から。。

Img_0675

老舗の炭火焼点「あらがわ」でいただいたフィレステーキ。炭火といっても網ではなく炉で焼くので脂が落ちずしっとりとしています。(08年9月)


何度かお世話になった『北野ホテル』も良いホテルでおすすめです。

Img_8255


Img_8248

古い洋館ですが、客室はきれいに整備されており快適です。


Img_8264

ここのフレンチダイニングは本格的で、ワインやミネラルウォーターをたくさん取りそろえています。しかしフレンチなのでビールがありません。

Img_8279


Img_8295

ダイニングでのフレンチは一流ですが、北野ホテルでの朝食もおすすめです。
(『北野ホテル』での写真は07年9月撮影)

ここしばらく神戸でゆっくり過ごす機会がなかったので、また行って見たい気分になりました。

2010年11月 5日 (金)

西麻布・鉄板焼『馨』+『KEIZO』

西麻布の鉄板焼き『馨』に行って来ました(2010年11月)。

この付近には有名な『ひらまつ』や『KEIZO』があります。下の方に08年に行った『KEIZO』の写真も一部載せました。

Img_4228

西麻布の交差点から外苑西通りを南下し最初の信号を右折。その先を少し上ったところにあります。

醤油などの和テイストをフレンチ食材にうまく使っているので、フレンチが苦手な人でもいけると思います。
今回はフォアグラと前沢牛が中心ですが、それ以外の食材を工夫してリーゾナブルに提供しており、好感がもてました。


Img_4229

アミューズのカマンベールチーズの醤油漬け。カマンベールと醤油は意外な組み合わせですが良く合います。


Img_4231

前菜


Img_4232

フォアグラを焼き始めました。


Img_4234

フォアグラのソースは黒トリュフと思いきや、何と醤油ベースの海苔でした。意外な取り合わせですが良く合います。 残った海苔ソースにスプーン一杯程度の白いご飯を入れてくれます。


Img_4237

魚料理はホタテ


Img_4239

山芋のサラダ


Img_4243

肉は前沢牛。サーロインとフィレから選びますが、最近は油を気にしてフィレをいただいています。


Img_4241

このボリュームなので、私には正直サーロインでは(油が多く)きついと想像します。でも前沢牛を楽しむのならサシが多いサーロインの方がおすすめかもしれません。


Img_4245

定番、ガーリックライス


Img_4246

2杯目はガーリックライスにだし汁をかけてお茶漬けに。


Img_4249

デザート




以下は2008年に行った「KEIZO」の写真から。今回駐車場から馨まで歩く間に久々に近くを通って思い出しました(両店は場所が近だけで関係は無いと思います)。

Img_0287


Img_0301


Img_0305

アミューズにポップコーンを使ったり、しめにトンコツラーメンが出てくるなど、ユニークですが、コースそのものは上質で美味しくいただきました。(08年8月)


<<おまけ情報>>

車で来る場合は「ひらまつ」の先に広いパーキングがあります。ここは3年ほど前まで大きなビルでしたが取り壊してパーキングになりました。

Img_4227

このパーキングはもちろん「わかまつ」、「KEIZO」にも便利です(駐車券なし)。


今回、自宅から首都高の西池袋IC→山手トンネル→渋谷ICというコースを使ってみました。

Img_4225

山手トンネルのお陰で自宅から渋谷までこれまで30分程度かかっていたのが15分程度にまで短縮されました。ところが今回は三茶付近からの渋滞がトンネルまで続いており、途中5~6分程度巻き込まれてしまいました。

渋谷から池袋方面に帰るには残念ながら山手トンネルに入る入口がありません。そのため、高樹町から逆に環状線に入り5号線で池袋方面に行くのが早いです。流れていれば高樹町→護国寺間が10~15分程度です。

2010年10月29日 (金)

最近食べた物・基本B級

今月は仕事が忙しく、さらに母が心臓ペースメーカー組込手術を行うなど色々とあってゆとりがありませんでした。
そんな状況ですので遠出は出来ませんでした。

以下は今月撮りためた写真から。基本はB級食べ物系です。



<<丸ビル・Essenza(エッセンツァ)>>

丸の内に用事があってに行き、ついでにいただいた夕食。ここ「エッセンツァ」は「アロマフレスカ」のカジュアル版ですので、B級というとお店の人に怒られそうです。

Img_4061


Img_4063

「焼きコーンとトリュフのリゾット」<写真差し替え>
意外にいける。というよりもかなり気に入ってしまいました。素材の組み合わせを聞けば味の想像はつきますが、実際にいただいてみるとなかなかいけます。





<<ベトナム料理「Lotus Palace」>>

次は池袋東武百貨店にあるベトナム料理「Lotus Palace」
「試食」という制度?で妻が激安手配したものです。通常の価格の半額程度で同じものが出るということですが、飲み物などを追加してしまい結局「超格安」とはいかなかったようです。

Img_4069


Img_4073

「バインセオ」という料理。オムレツでもお好み焼きでもありません。中にはエビと豚肉が入っています。

Img_4074

最後はベトナム風カレー。私にはタイ風との違いがわかりませんでした。






<<六本木「ROTI」>>

次は六本木のROTI。割と有名なアメリカンハンバーガーのお店です。
貸し切りパーティーの直後だったため、客は私たちのみ。しかし普段は繁忙で予約が取れないこともあります。

・・・車で来る場合は六本木ヒルズのP6が近くお勧めです(今回はP5に駐めてしまい少し歩きました)。

Img_4110


Img_4118

定番メニューのハンバーガー。


Img_4117

体格が良くかなりいける妻の弟も一緒だったため、シェアするためにもう一皿頼んでみました。チキンです。私は一口ですが弟はハンバーガーに加えてこれも完食しました。

Img_4123

これも弟に無理矢理食べてもらったチーズケーキ。これだけをいただくのは良いのですが、ハンバーガーの後では量的に無理です。

写真は照明の関係とデジカメの設定を誤り、赤く写ってしまいました。






<<銀座アスター>>

事務所近くのお茶の水銀座アスターでのランチです。目的も無く入りましたが前にあった日立製作所本社ビルが解体された後なので眺望がすばらしく、スカイツリーがよく見えました。

Img_4171


Img_4173

鹿児島黒豚とセロリの湯麺。メニューから想像したものとは違ったのですが、いけます。






<<その他>>

Img_4134

自宅から運動がてら歩くのに丁度良い「エコールクリオロ」のケーキ。ここではケーキ作り教室が開催されており妻が何度か通いました。

以下ケーキ作り教室で教わって妻が作ったケーキの写真です(2005年ごろ)。きれいで美味しいのですが、専門的な材料を使うために素人には(材料調達が)難しいようです。

Imgp0424

Imgp0785

Imgp0779

Imgp0810

エコールクリオロではさすがに無理でしょうが、近所のケーキ屋さんで売っていてもおかしくない出来でした。


Img_4162

これは、都内某料理屋さんの「特製しゅまい」。ショウガと鶏肉をつかった独特なシュウマイです。


Img_4161

何度か登場している「チェックステーキ」。池袋の老舗洋食屋さん「チェック」にて。


Img_4169

これもおなじみ。メトロポリタンホテル「海山亭」の鉄板焼き(フィレ)。先週末散歩がてら行ってきました。
特別なお店というわけではありませんが、徒歩圏で、外出帰りに立ち寄るのにも丁度良い場所にあります。ここはランチが格安でお勧めです。


関連記事:
B級グルメ

2010年7月19日 (月)

B級グルメ

私の大好きなB級系ですが、6~7月にかけて食べたものが中心です。

Img_0329

「ビーフステーキ」。料理用ワイン、バターなどをふんだんに使ったソースがかかっています。オージー(Aussie) ビーフと思われますが、仕込み(寝かし)で柔らかく仕上がっています。


Img_0889

「オムライス」。 説明の必要はなさそうです。


Img_0327

上のステーキ、オムライスをいただいたのは、池袋の洋食屋さん「チェック」。全てカウンター席で調理の様子が丸見えです。コックさんの小気味よいフライパンさばきを見ていると食欲がわいてきます。


Img_1275

「ハヤシライス」


Img_1278

「オムライス」

上2つは、池袋西武の地下にオープンした「たいめいけん」のイートインにて。

Img_1586

「トマトカレー」のポスターにひかれて入った「松屋」にて。


Img_1594

これは「アンナミラーズ」のチェリーパイ。アメリカで定番ですが日本では以外と少ないタイプ。日本はパイ生地の上に具をのせますが、アメリカでは具の上もパイ生地で覆う方式が一般的。


Img_1080

先月車で三島に行った帰り、東名沼津ICに繋がる県道沿いに見つけ、妻が「どうしても食べてみたい」と言うので立ち寄った「王将」の餃子。悪くありませんが、換気が悪く店内が煙っているには閉口しました。


関連記事:
最近食べた物・基本B級
  (2010年10月更新)

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31