和食

2013年4月14日 (日)

シャングリラホテル東京『なだ万』

シャングリラホテルにある『なだ万』の鉄板焼きです(2013年1月)。

Img_1804s

Img_1773s

Img_1777s

Img_1778s

Img_1782s

Img_1786s

Img_1790s

Img_1793s

Img_1798s

『なだ万』らしくそつのない上質な鉄板焼きでした。

東京にシャングリラホテルが開業して3年以上経ちますが初めて行きました。車では永代通り日本橋→大手町方向でないと駐車場に入れないため、要注意です。

2012年3月25日 (日)

大阪出張と兵庫柴山カニツアー

1月下旬に大阪(堺)に出張し、そのまま週末に仕事で知り合った方が企画する「柴山カニツアー」に便乗しました。

Img_3431

羽田のさくらラウンジから富士山がきれいに見えました。

Img_3434

早朝便だったので朝食が出ましたが、搭乗前に空港で食べてしまったので今回はパス。それよりも大阪便は実質40分程度しか時間が無く、食事は正直キツイです。

Img_3440

今回の目的地は堺。南海電鉄で堺東駅まで出向きました。

Img_3442

今回は初めて心斎橋の『ホテル日航大阪』に宿泊しました。少し狭く窮屈な感じがありましたが、場所がら食事などの便は良く、今回は知人と食事の約束もあったため便利でした。

Img_3450

部屋からの眺望はまあまあ。高層ビルに遮られない反対側が良かったかもしれません。

Img_3546

朝食はしっかりといただきました。

Img_3551

翌朝京都へ向かう際、大阪駅から出発する「トワイライトエクスプレス」を目撃。

トワイライトエクスプレスは以前の記事
『カシオペア』『北斗星』『トワイライトエクスプレス』など・・以前乗った列車
もご覧ください。

Img_3567

今回も京都から特急に乗りました。新型車両の『こうのとり号』です。

Img_3575

福知山を超えると雪が深くなってきました。

Img_3603m

目的地は『柴山』という無人駅。途中で普通列車に乗り換えました。

Img_3599m

今回の宿泊先は民宿『みゆき荘』

Img_3581

Img_3579


Img_3584m

朝水揚げされたマツバ(タラバ)蟹。漁船のタグは本物の証拠。

Img_3589

サシでいたたくのが一番贅沢ですが、身が毛羽立っているは新鮮な証拠。
去年に比べても今年のカニは上質で美味でした。

これ以外にも焼き、茹で、カニごはんをいただき、去年の同じツアーに引き続き、今年1年分のカニをいただきました。
去年のカニツアーの様子はこちら → 1月後半の行動・福島~大阪~城崎温泉(竹野)でカニ

Img_3600

翌朝雪は小降りになりました。(日本海の望む)

Img_3604

帰路は『柴山』駅から逆ルート。

Img_3608m

懐かしいディーゼルカーに乗って『城崎温泉』駅まで向かいました。

Img_3613

城崎温泉駅から特急に乗り換え。

Img_3618

最初は空いていましたが、途中からほぼ満席になりました。

Img_3634

結局帰りは伊丹から羽田へ飛行機で移動。長旅でした。

青山一丁目『青山牛彩』

青山通りから南側に入ったところにある『青山牛彩』に行きました。
上質な秋田牛をいただきました。

Img_3750

少し歩いたところにある駐車場に停めましたが、真ん前がコインパーキングでした(但し2台のみ)。

Img_3751

静かな雰囲気のカウンターに案内されました。

Img_3754

前菜も秋田牛。

Img_3758

鮮魚の前菜。

Img_3761

フォアグラ。ハンガリー産とのことで、廉価ですが淡泊で美味しい素材です。フランス産とは違った触感で美味しいです。ブタペストでグヤーシャと一緒にいただいたフォアグラを思い出しました(関連記事→【ヨーロッパ2011】ブタペスト)。

Img_3765

イセエビ。これだけでも満足です。

Img_3768

写真では判りにくいですが、アワビです。好物が続きます。

Img_3771

そろそろ満腹になりかけていますが、美味しいシイタケもいただきました。

Img_3773

下手な写真でサシが良く見えませんが、秋田牛のサーロイン。3人前です。

Img_3776

美味しくいただきました。

Img_3778

先ほどいただいたイセエビの頭を使った味噌汁がでました。ごはんはガーリックライス。

Img_3782

デザート。

上質で美味しいのですが量が多く、やっと最後まで食べられたという感覚でした。同行した大食漢の友人は大満足だったようです。
(2012年2月)

2011年12月30日 (金)

熱海『海峯楼』

10月にヨーロッパから帰宅した直後、熱海の『海峯楼』に行きました。
(ヨーロッパの記事と投稿順がずれています)

ここは同じ熱海の『ふふ』、箱根『翠松園』と同系列で、係のバトラーさんは以前ふふでお会いした方でした。

ここは以前大手玩具メーカーのゲストハウスとして利用したいた施設で、4組程度しかとまれず大浴場も1つしかありません。しかしゲストハウスだけあって設備と眺望が素晴らしく、ゆっくりと過ごすに最適です。

Img_1156

Img_1171

和室を選択。部屋からの眺望がすばらしいです。

Img_1172

 

Img_1175

窓側にクッションが敷いてあってそこで横になれます。

Img_1177

ごろんと横になると熱海湾と空が見えます。ずっと横になっていたい気分になりました。

Img_1191

ひろい風呂がありますが、1組しかないので時間を指定して貸切で使います。客室数が少ないので混んで予約が取れないようなことはありません。

Img_1193

風呂上りのコーヒー牛乳は『ふふ』、『翠松園』と同じ。

Img_1208

雑誌などでよく紹介される展望ダイニング。最上階の客室に泊まった場合はここをダイニングとしても利用できます。

Img_1209

ディナー

Img_1227


Img_1233

Img_1238

Img_1240

Img_1243

Img_1244

Img_1248

Img_1250

Img_1257

Img_1259

数日前までヨーロッパにいてあまりおいしい食事にありつけなかったこともあり、とても美味しくいただきました。ただし量が多く全て平らげるのは大変でした。

Img_1265

デザート。カキをいただきました。

Img_1270


Img_1274

実はごはんを残してしまいましたが、おにぎりにして夜食でいただきました。

Img_1326

部屋から素晴らしい日の出を見ることができました。

Img_1331

ゆっくり朝ぶろに入りました。

Img_1353

Img_1354

朝食は眺めの良いダイニングで和洋選べます(上が和、下が洋)

Img_1360

ダイニングから熱海城を望む。

ゆっくりと過ごして12時にチェックアウト。平日だったため道路も混まず気持ちよく帰宅することができました。

<関連頁>

広島『石庭』

宮島の紅葉を見る前に広島の料亭旅館『石庭』に泊まりました。
ここは広島市街地から30分ほど西にあり、瀬戸内海と宮島を望む丘にある静かな宿です。広島の人は料亭として利用しているようです。

瀬戸内海と宮島を望む2Fの部屋に泊まりました。

Img_1928

Img_1929

Img_1951

Img_1931

部屋にヒノキ風呂が備わっています。

Img_1927

部屋に通された際の茶菓子。生姜のアイスクリーム最中。

下の写真は2006年秋に泊まった1Fの部屋。

Img_2935

Img_2939
前にお世話になって5年も経っていたことにびっくりしましたが、手入れの行き届いた客室は変わりありませんでした。

いずれに部屋も部屋風呂があります。前に泊まった部屋はメゾネットになっており2Fに風呂がありました。

Img_3070

 

懐石

Img_1980


Img_1983

Img_1986

Img_1987

Img_1992

Img_1996

Img_2002

Img_2003

料亭だけあって上質な懐石料理です。書き込むまで1か月たってしまい、食材など細かな点を失念してしまったのが残念。


以前(4年前)にはなかった貸切風呂。ヒノキ張りの大浴場並みの大部屋でした。

Img_2015_2

Img_2016

浴室の2Fに小部屋があってそこでゆっくり休むことができます。もちろんここも貸切。

Img_2040

Img_2044

朝食は部屋でゆっくりと和食をいただきました。


秋の宮島(2011年11月)

宮島の紅葉を目当てに広島に行ってきました。
1日目は料亭『石庭』、2泊目は宮島の『錦水館』にお世話になりました。

『石庭』の様子はこちら
『錦水館』の様子はこちら

Img_2093

厳島神社の大鳥居。天気が良くて青空を背景に映えます。

Img_2078
JRのフェリーで宮島に渡りました。

Img_2103

Img_2098
厳島神社。

Img_2112

Img_2134

Img_2139

Img_2146

Img_2160
紅葉を見ることが目的でしたが、少し早かったようですが、緑・黄・赤が適度に混在していてきれいでした。

Img_2179

Img_2186
土産物店でいただいた焼き牡蠣がとても美味でした。

Img_2239

Img_2235

Img_2306

遊覧船に乗りました。宮島島内に宿泊した際の定番行事。

Img_2288
大鳥居は夜11時までライトアップされています(遊覧船から)。

2011年10月30日 (日)

西麻布鉄板焼き『鉄板焼キュイジーヌ笹繁』

西麻布の『鉄板焼キュイジーヌ笹繁』です。

ここも投稿までに一か月以上経過してしまったため、詳細は忘れかけた部分もあります。
カウンター席で焼き手の方と会話しながら楽しくいただきました。

Img_9660

Img_9662
新鮮な野菜が印象に残りました。

Img_9664

サーモンは皮をむいて食べやすい状態で焼いていただきました。

Img_9665

韓国のりにご飯とウニが。しのぎに軽くご飯をいただくのも良いと思いました(ピンボケですが)。

Img_9666

メインの鉄板焼き。

Img_9669

目の前でお好み焼きを焼かれたお好み焼き。他の人が頼んだメニューとばかり思っていましたが、「はいどうぞ」と目の前に置かれてびっくり。コースメニューのようです。

Img_9671

スイーツをいただいて終わり。

今回はリーズナブルなロース肉を使ったコースでしたが、焼き手さんの腕も良く良質な鉄板焼きでした。

 

2011年6月11日 (土)

【池袋近隣グルメ】・ラベットラ池袋・グリル丸の内亭・鰻屋・ECOLE CREOLLEなど

最近、西武百貨店池袋本店のレストラン街が大幅改装して有名レストランの支店がいくつか出店しました。全部制覇するのは難しいですが、週末に2店行く機会がありました。


■ラベットラ池袋

落合シェフのお店が池袋西武に出店とは驚きました。池袋西武は子供の頃から通っていますが、あか抜けない地方デパートといった印象があって、どちらかと言えばふつうの洋食屋さんタイプが似合うように思っていました。

開店直後でとても繁忙なようです。日曜の開店(10:30)と同時に入りましたが、お昼ごろには60分待ちの行列ができていました。

Img_8382_2

前菜の盛り合わせ。ガスパチョやパルマ産生ハム、フリッタータ(卵焼き)など

Img_8385
スペシャルメニューの「フォアグラのせトリュフ風味のリゾット」

白トリュフのスライスかと一瞬勘違いして喜びましたが、マッシュルームでした。「風味」とあるのでトリュフオイルで味付けしたようです。

もちろん、見た通りのお味です。全て好物なのでおいしくいただきました。

Img_8387

定番メニューの「うにのスパゲッティー」。妻がオーダーしたものですが、カルボナーラのような感じ。

よく考えてみれば、ラ・ベットラは高級というよりもカジュアルなレストランですから、近くにこういうお店ができて気軽に行けるのはうれしいことです。

開店直後のためか、落合シェフが来ていました。私は初対面ですが妻は料理教室に通って何度か教わったようです。


■グリル丸の内亭

「黒毛和牛のハンバーグ」の大きな宣伝が気になって仕方なく、ラベットラに行った翌日に行きました。

昔ながらの洋食屋さんの雰囲気です。

Img_8400

Img_8402

Img_8406

宣伝に惹かれたメニュー『黒毛和牛のハンバーグ』。見た目以上にボリュームがあります。

これ以外にも、ビーフステーキ、オムライス、カツレツ、ビーフシチューなど洋食の王道メニューが豊富です。


■  ■  ■

次は自宅から徒歩で行ける範囲のお店です。目白・池袋とは反対方向にある千川~東長崎周辺です。

■鰻屋

Img_8254

西武池袋線・東長崎駅近くにある『鰻屋』。うちから1駅分程度歩く距離にありますが、電話してから行くと焼き始めてくれて、着くころいただけるように用意してくれます。

ネットなどで「うなや」と紹介されていますが、おかみさんやご主人は「うなぎや」と言っているので間違いでしょう。

ここの鰻が好きでたまに行っています。


■安曇野

千川にあるお蕎麦屋さん。手打ちです。千川といっても豊島区の千川(有楽町線千川駅)です。

Img_8364

Img_8367

季節もの、そら豆の天ぷら。

こだわりの店というよりも大衆蕎麦屋の雰囲気ですが、手打ち麺や天ぷらがおいしく、気軽に行けるお店です。


■ ECOLE CREOLLE

同じく千川にある有名なスィーツのお店。

Img_8363


Img_8371

Img_8377

スィーツ教室もやっていて妻が以前通っていました。習って作ると売り物になるようなケーキに仕上がりますが、材料が特殊で素人には調達が難しいようです。

■おぐろのまぐろ

池袋から徒歩15分、椎名町駅の近くにある「おぐろ」

Img_8106

マグロ屋さんの2Fでいただく定食。昼はいつも混んでいます。

 

2011年3月 9日 (水)

最近の日記・B級グルメなど

最近の行動範囲で日記に漏れたものを中心に。地元のレストランやB級などがメインです。

■■■ 池袋『橙屋』 ■■■

居酒屋さんと思っていましたが、意外にしっかりとしたコースがありました。池袋東武百貨店の『橙屋』。

Img_5733


Img_5743


Img_5750


Img_5754


■■■ 池袋 与那国料理『ドウチウイ』 ■■■

池袋西口から少し歩いた所にあります

Img_7033

Img_7032

Img_7029

与那国そば。

外は真冬(3℃くらい)でしたが、お店の中は南国の雰囲気が漂っていました。


■■■ ホテル日航『タロンガ』 ■■■

台場のホテル日航にある『タロンガ』にも行きました。

Img_7078


Img_7056

ブリのカルパッチョ

Img_7059

オニオングラタンスープ

Img_7062

鹿児島黒豚のグリル。

天気の良い日で、素晴らしい眺望でした(ホテル日航前のデッキから)。

Img_7041


Img_7037


Img_7075

お馴染み、レインボーブリッジ


■■■ 梅 ■■■

写真は不出来ですが、梅が開きました。

Img_6944

Img_6945


■■■ 自家製飲茶 ■■■

妻が料理教室で習ってきた飲茶。良くできていてびっくり。

Img_6296


Img_6295


Img_6292

好みに合わせて具を変えられるのが自家製の良いところ。

■■■ スィーツ ■■■

少し前の写真ですが、タカノのケーキ3種

Img_4484


Img_4486


Img_4489


これは品川プリンスホテルのラウンジ『マウナケア』でいただいたちょっと派手なイチゴのケーキ

Img_7025

2011年3月 1日 (火)

直島ベネッセハウスに泊まる

直島ではホテルベネッセハウス泊まりました。ここは博物館と宿泊施設が一緒になった設備で、宿泊客は24時間いつでも展示品を観ることができます。

今回はパーク棟に宿泊しましたが、ミュージアム棟など別の建物にも泊まることができます。それぞれの建物に現代アートが展示されています。

Img_6895

Img_6560

エントランス付近

Img_6564

客室。

Img_6876

ダイニングの屋根。建築家・安藤忠雄氏による木造建築です。

Img_6581

テラスからの眺め。

Img_6583

角度をかえて。よく見ると高松の市街地が見えます。

Img_6477

上の写真でわずかに見える高松の高層ビルがこれ。高松駅前(高松港)にあります。

Img_6646


Img_6648

ホテルの方が夜になるとアートの説明会を開いてくれます。


Img_6885

壁もアート


Img_6887

この花は木で出来ているそうです。


Img_6601

夕日がきれいでした。

■■ 食事 ■■

1泊目にいただいたフレンチから。(以下3枚)

Img_6618


Img_6623


Img_6628

朝食

Img_6667

ディナーと同じダイニングで気持ち良く朝食をいただきました。


次は2日目にいただいた和食(以下3枚)

Img_6833

前菜

Img_6843

Img_6846

まながつお


Img_6680


Img_6686

上2枚は2日目のものですが、好天に恵まれました。しかし3日目は曇天になってしまいました。

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31