B級グルメ

2012年1月 2日 (月)

BA・JL・SQビジネスクラス機内食など(2011年利用分)

2011年に撮りためた機内食写真です

■ ブリティッシュ・エアウエイズ(成田-ロンドン線・12月)

Img_1509

成田空港のラウンジ。さくらラウンジも使えますが混んでいてアメリカン航空のラウンジに案内されました。こちらは閑散としていてさくらラウンジよりも静か。

Img_1510

ロンドンまでは12時間の長旅

Img_1513

Img_1530

ブリティッシュエアウェイズ(BA)のビジネスクラスの窓側席(中央も)は後ろ向きに座る独特の配置です。窓の外には主翼のエンジンが見えました。
後ろ向きが何となくいやでこれまで前向シートを選択していたのですが、今回後ろ向きのシートに座ってあまり違和感はありませんでした。

Img_1515

Img_1519

Img_1520

JALの機内食よりは立派ですが、私には量が多すぎます。

Img_1524

Img_1528

2回目にこれですので、どう考えてもカロリー超過。ロンドンに着いた時点で1キロは太ってしまいそうです。それでも途中でカップ麺を頼む人がいるのには驚きます。

Img_1867

これはパリ-ロンドン線の軽食。この程度で十分と思います。(欧州域内のビジネスクラスはエコノミーの3人掛けシートに2人で座る簡易仕様です)

Img_1870_2

Img_1872

Img_1874

復路もカロリー超過。

Img_1876

成田到着前の朝食。これで十分と思っていたらこの後にオムレツが運ばれてきました。食べられずお断りしましたが。

Img_1881

BAの座席は独特です。一人ずつ前向きと後ろ向きに互い違いに座り、間はパーティションで区切るので1人ずつ独立して他人と顔を合わす機会が少ないつくりです。足も完全に伸ばせるので、少なくともJALのシートよりも楽で気に入っています。
(一番のお気に入りはシンガポール航空の幅広シートですが)

■JAL

今年は香港線のみ。

Img_5788

Img_5810

Img_5813

Img_6033
JALのビジネスクラスは一応平らになりますが、今時のビジネスクラスシートとしては狭い感じが否めません。

Img_6038

Img_6040

アジア線は簡易版で、欧州線にあるようなアラカルトはありません。

Img_4973

これは2010年の欧州線の際のもの。機内食はこれだけで良いとおもっていますが。

■JAL国内線

国内線もファーストクラスでは簡単な食事が出ます。

Img_7021

Img_9298

国内線ファーストクラスは、大阪、福岡、札幌線の一部についています。

■シンガポール航空(SQ・1月)

成田-シンガポール線等の写真です(再掲)。
詳しくは:シンガポール航空ビジネスクラス機内食(成田-シンガポール-コロンボ)

Img_5556
写真ではわかりにくいのですが、座席の幅が広くゆったりしています(機材はA380)。私が知る限り、ビジネスクラスではSQのこのシートが一番快適だと思います。

Img_5559

Img_5585

Img_5590

4時間程度の距離でも割としっかりとした機内食が出ます(シンガポール-スリランカ便)。

2011年9月 3日 (土)

最近のB級グルメ・ハンバーガー編(2011年8月)

最近食べたハンバーガーです。

■フォーシーズン(目白) カジュアルダイニング

Img_9368_2

Img_9370_2

B級というと怒られそうですが、「フォアグラ入りバーガー」。.トリュフ風味のマスタードをつけていただきました。

Img_9363

フォーシーズンのパンがおいしく、これを食べ過ぎてメインが入らないことも。

Img_9364

クラシックシーザーサラダ。

Img_9366_2

エビフライ

■ 原宿『THE GREAT BURGER』

Img_9521

原宿にある「THE GREAT BURGER」
原宿駅から見て明治通りの先の渋谷寄りの一角にあります。

Img_9517


Img_9520

頭巾のような紙袋に入れてかぶりつくのが流儀のようです。

ハンバーガーは、上のフォーシーズンのようにフォアグラがのる高級品も良いのですが、The Great Burgerのようにケチャップをかけてかぶりつくのが美味しいかも知れません。

韓国料理

西武百貨店『にっこりマッコリ』にて

Img_9345_2冷麺

Img_9347
チジミ

Img_9348
ユッケジャンスープ。かなり辛そうですが、食べたのは妻で私は傍観者。

次は新大久保にて。駅から見て大久保通りの韓流百貨店の先の側道を右に入ったところです。

Img_9280


Img_9273
冷麺

Img_9274

トッポッギ

Img_9277

サムゲタン

妻が最近韓国料理にはまりました。新大久保へは自転車で20分程度かかりますが、運動がてら時々行っていっています。

2011年6月11日 (土)

【池袋近隣グルメ】・ラベットラ池袋・グリル丸の内亭・鰻屋・ECOLE CREOLLEなど

最近、西武百貨店池袋本店のレストラン街が大幅改装して有名レストランの支店がいくつか出店しました。全部制覇するのは難しいですが、週末に2店行く機会がありました。


■ラベットラ池袋

落合シェフのお店が池袋西武に出店とは驚きました。池袋西武は子供の頃から通っていますが、あか抜けない地方デパートといった印象があって、どちらかと言えばふつうの洋食屋さんタイプが似合うように思っていました。

開店直後でとても繁忙なようです。日曜の開店(10:30)と同時に入りましたが、お昼ごろには60分待ちの行列ができていました。

Img_8382_2

前菜の盛り合わせ。ガスパチョやパルマ産生ハム、フリッタータ(卵焼き)など

Img_8385
スペシャルメニューの「フォアグラのせトリュフ風味のリゾット」

白トリュフのスライスかと一瞬勘違いして喜びましたが、マッシュルームでした。「風味」とあるのでトリュフオイルで味付けしたようです。

もちろん、見た通りのお味です。全て好物なのでおいしくいただきました。

Img_8387

定番メニューの「うにのスパゲッティー」。妻がオーダーしたものですが、カルボナーラのような感じ。

よく考えてみれば、ラ・ベットラは高級というよりもカジュアルなレストランですから、近くにこういうお店ができて気軽に行けるのはうれしいことです。

開店直後のためか、落合シェフが来ていました。私は初対面ですが妻は料理教室に通って何度か教わったようです。


■グリル丸の内亭

「黒毛和牛のハンバーグ」の大きな宣伝が気になって仕方なく、ラベットラに行った翌日に行きました。

昔ながらの洋食屋さんの雰囲気です。

Img_8400

Img_8402

Img_8406

宣伝に惹かれたメニュー『黒毛和牛のハンバーグ』。見た目以上にボリュームがあります。

これ以外にも、ビーフステーキ、オムライス、カツレツ、ビーフシチューなど洋食の王道メニューが豊富です。


■  ■  ■

次は自宅から徒歩で行ける範囲のお店です。目白・池袋とは反対方向にある千川~東長崎周辺です。

■鰻屋

Img_8254

西武池袋線・東長崎駅近くにある『鰻屋』。うちから1駅分程度歩く距離にありますが、電話してから行くと焼き始めてくれて、着くころいただけるように用意してくれます。

ネットなどで「うなや」と紹介されていますが、おかみさんやご主人は「うなぎや」と言っているので間違いでしょう。

ここの鰻が好きでたまに行っています。


■安曇野

千川にあるお蕎麦屋さん。手打ちです。千川といっても豊島区の千川(有楽町線千川駅)です。

Img_8364

Img_8367

季節もの、そら豆の天ぷら。

こだわりの店というよりも大衆蕎麦屋の雰囲気ですが、手打ち麺や天ぷらがおいしく、気軽に行けるお店です。


■ ECOLE CREOLLE

同じく千川にある有名なスィーツのお店。

Img_8363


Img_8371

Img_8377

スィーツ教室もやっていて妻が以前通っていました。習って作ると売り物になるようなケーキに仕上がりますが、材料が特殊で素人には調達が難しいようです。

■おぐろのまぐろ

池袋から徒歩15分、椎名町駅の近くにある「おぐろ」

Img_8106

マグロ屋さんの2Fでいただく定食。昼はいつも混んでいます。

 

2011年5月22日 (日)

フォーシーズンホテル椿山荘東京

目白台にある「フォーシーズンホテル椿山荘」は自宅から近いこともあって良く行きます。

近くなので宿泊したことはありませんが、場所柄視界を妨げる建造物がないので、東京の都心部を望むことができると思います。

昨日(土曜日)に日本料理「みゆき」に行きましたが、天気が良く庭の新緑がきれいでした。都心の狭小地に立つ自宅に庭と呼べる土地は無く、椿山荘の庭を勝手に「我が家の庭」と呼ばせていただいています。

撮影日:庭と「みゆき」 5月21日、「イル・テアトロ」 5月14日、それ以外は以前に撮ったもの。

Img_8202

Img_8203

Img_8217

Img_8236_2

毎年5月下旬~6月下旬にかけて「ほたる」を見ることができます。

Img_8239

Img_8243

Img_8252

フォーシーズンホテル椿山荘東京は椿山荘の敷地にありますが、結婚式などで有名な「椿山荘」はガーデンレストランでこれとは別の施設です。

もともとこの土地は山形有朋が明治時代に購入したそうですが、現在は藤田観光が所有します。椿山荘とフォーシーズンホテル椿山荘東京は藤田観光が経営しています。
(丸の内のフォーシーズンホテルはフォーシーズン直営)

椿山荘の庭園は目白通りが走る目白台から神田川が流れる関口町までの傾斜地にあります。私が子供のころ、この丘の上には田中角栄邸、細川邸などがあって閑静な住宅街でした。今も閑静な街並みにかわりはありませんが、お屋敷は分筆されて小さな家の住宅街に変わり、あるいは田中邸のように公園化されたところもあります。友人の実家も名家のお屋敷でしたが、やはり分筆されて住宅街になりました。

Img_8145

ここの庭が見えるラウンジは気持ちよく、打ち合わせなどでもよく利用しています。ここのレストランはミシュランなどの有名店はありませんが、ソツなく上質な料理が出ます。

カジュアルダイニング、イタリアン「イル・テアトロ」、日本料理「みゆき」があります。

昨日は、ここにある日本料理「みゆき」でランチをいただきました。

Img_8182

Img_8184

Img_8186

Img_8192

南相馬から避難している義母と、私の実母を「遅れ母の日」と称して連れ出しましたが、食べられないものも多い義母に合わせて肉を使わないメニューを選びました。

Img_8175

静岡茶のアイス緑茶。同じお茶を凍らせて作ったアイスを使うので薄まりません。ここで出るアイスティー(紅茶)も同じです。

カジュアルダイニングもおすすめです。

Img_0035見ての通り

Img_5306

ここのパンはいけます。チーズの薄焼きが癖になります。

Img_5307

シーザーサラダ。時々スタイルを変えています。

Imgp3485

ピンボケ写真ですが・・・エビフライ。大分前のものですがメニューにはなく、お願いすれば出てくる特別メニューだったと思います。

イル・テアトロ(暗く不出来な写真ばかり)

Img_8129

イカ墨のパスタ(タリアテッレ)

Img_8132

アスパラガスのリゾット

Img_8135

イベリコ豚のロースト(下はマッシュルーム)

季節外れですが、昨年のクリスマスデコレーションです。

Img_5301

Img_5313

結婚式も多いです。昨日(5月21日)にも何組か見かけました。


2011年3月 9日 (水)

最近の日記・B級グルメなど

最近の行動範囲で日記に漏れたものを中心に。地元のレストランやB級などがメインです。

■■■ 池袋『橙屋』 ■■■

居酒屋さんと思っていましたが、意外にしっかりとしたコースがありました。池袋東武百貨店の『橙屋』。

Img_5733


Img_5743


Img_5750


Img_5754


■■■ 池袋 与那国料理『ドウチウイ』 ■■■

池袋西口から少し歩いた所にあります

Img_7033

Img_7032

Img_7029

与那国そば。

外は真冬(3℃くらい)でしたが、お店の中は南国の雰囲気が漂っていました。


■■■ ホテル日航『タロンガ』 ■■■

台場のホテル日航にある『タロンガ』にも行きました。

Img_7078


Img_7056

ブリのカルパッチョ

Img_7059

オニオングラタンスープ

Img_7062

鹿児島黒豚のグリル。

天気の良い日で、素晴らしい眺望でした(ホテル日航前のデッキから)。

Img_7041


Img_7037


Img_7075

お馴染み、レインボーブリッジ


■■■ 梅 ■■■

写真は不出来ですが、梅が開きました。

Img_6944

Img_6945


■■■ 自家製飲茶 ■■■

妻が料理教室で習ってきた飲茶。良くできていてびっくり。

Img_6296


Img_6295


Img_6292

好みに合わせて具を変えられるのが自家製の良いところ。

■■■ スィーツ ■■■

少し前の写真ですが、タカノのケーキ3種

Img_4484


Img_4486


Img_4489


これは品川プリンスホテルのラウンジ『マウナケア』でいただいたちょっと派手なイチゴのケーキ

Img_7025

2010年12月18日 (土)

パリ・ニース・ロンドンで食べた物(基本B級)

今回のパリ・ニース・ロンドン出張で食べた物から。
基本的に量が多いので大変です。 帰国して3日経ちましたがまだ胃がもたれた感じが取れません。

Img_4989

パリ定番のシーフードプラター。基本は前菜なのですが、これだけでお腹いっぱいになってしまいます。

Img_4988

実はこれは前菜


Img_4991


Img_5068


Img_5125

ニースでいただいたピザ。ニースは基本的に食べ物が美味しく、イタリアンが近いこともあってピザも美味しいです。

Img_5190

これはニースでいただいたコテコテのフレンチ。
フィレステーキにフォアグラのソテー、更に黒トリュフソース。私は好きですが、案外苦手な人も多いようです。
(量が多すぎて残しましたが)

パリ・ニース・ロンドン(出張)

真冬のヨーロッパ出張でした。

パリ、ニース、ロンドンを1週間で回ってきましたが、途中パリで25年振りという大雪に見舞われ、ニースへの飛行機がキャンセルされるなど大混乱でした。

■■■ パリ ■■■

Img_5073


Img_5079

パリは25年振りという大雪。
シャルルドゴール空港から市内への高速道路はほぼ通行不能状態に陥り、夕方で所要5時間、夜間は不通となり取り残された車に帰宅できない人が溢れ、周辺の家具屋がベッドを開放するなどして大騒動でした。

私は仕事でシャルルドゴール空港近くの展示会場にいましたが、電車を使ってなんとかホテルに帰着できました。


Img_5074

パリでの宿泊先、コンコルドラファイエット。

Img_4984

大型ホテルです。4星ですが、特別良くも悪くも無い標準的なホテルです。


Img_4977

比較的新しく、そのため客室も機能的で快適。パリではめずらしくLANが無料で利用できるのでインターネットを多用する人にはおすすめです。


Img_5091

大雪の翌日パリは快晴になりました。

Img_5094

初めて凱旋門に登ってみました。長いらせん階段を上ります。
凱旋門の上からはパリを一望できます。

Img_5106

エッフェル塔

Img_5101

コンコルド広場方面を望む。小さく観覧者が見える所がコンコルド広場です。


Img_5100

中央左に見える丘(小さな寺院の屋根が見える)がモンマルトルの丘です。

この後快晴のパリを後にニースに向かいました。
ところがニース行きのフライトが北欧の大雪の影響で欠航になり大騒動でした。振り替え便がまた欠航するなど大混乱で、最終的に何とかニースに着いた時には午前0時を回っていました。


■■■ ニース ■■■

Img_5210

しかし、やはり南仏ニースは気持ちよかったです。寒いですがパリほどではなく、何よりも天気が良いの快適でした。写真↑は宿泊先のメリディアン。

Img_5113

客室は改装されてとてもきれいでした。

Img_5196

少し寒いですが、バルコニーからは地中海が見渡せます。

Img_5216


Img_5213

こちらはモナコ方面。

Img_5214


■■■ ロンドン ■■■

Img_5246

今回宿泊したホテルラッセルはラッセルスクェアある古いホテルです。4つ星ですが古く格調ある建物が特長です。

Img_5237

建物が古いので部屋は狭く、壁も傾斜するなど機能的ではありません。しかし整備されていて快適です。

Img_5250


Img_5277

ロンドンからの帰国便が夜だったので、チェックアウト後タクシーを待つ間ホテルのカフェで休憩。

この後JAL便で成田に帰りました。

2010年10月29日 (金)

最近食べた物・基本B級

今月は仕事が忙しく、さらに母が心臓ペースメーカー組込手術を行うなど色々とあってゆとりがありませんでした。
そんな状況ですので遠出は出来ませんでした。

以下は今月撮りためた写真から。基本はB級食べ物系です。



<<丸ビル・Essenza(エッセンツァ)>>

丸の内に用事があってに行き、ついでにいただいた夕食。ここ「エッセンツァ」は「アロマフレスカ」のカジュアル版ですので、B級というとお店の人に怒られそうです。

Img_4061


Img_4063

「焼きコーンとトリュフのリゾット」<写真差し替え>
意外にいける。というよりもかなり気に入ってしまいました。素材の組み合わせを聞けば味の想像はつきますが、実際にいただいてみるとなかなかいけます。





<<ベトナム料理「Lotus Palace」>>

次は池袋東武百貨店にあるベトナム料理「Lotus Palace」
「試食」という制度?で妻が激安手配したものです。通常の価格の半額程度で同じものが出るということですが、飲み物などを追加してしまい結局「超格安」とはいかなかったようです。

Img_4069


Img_4073

「バインセオ」という料理。オムレツでもお好み焼きでもありません。中にはエビと豚肉が入っています。

Img_4074

最後はベトナム風カレー。私にはタイ風との違いがわかりませんでした。






<<六本木「ROTI」>>

次は六本木のROTI。割と有名なアメリカンハンバーガーのお店です。
貸し切りパーティーの直後だったため、客は私たちのみ。しかし普段は繁忙で予約が取れないこともあります。

・・・車で来る場合は六本木ヒルズのP6が近くお勧めです(今回はP5に駐めてしまい少し歩きました)。

Img_4110


Img_4118

定番メニューのハンバーガー。


Img_4117

体格が良くかなりいける妻の弟も一緒だったため、シェアするためにもう一皿頼んでみました。チキンです。私は一口ですが弟はハンバーガーに加えてこれも完食しました。

Img_4123

これも弟に無理矢理食べてもらったチーズケーキ。これだけをいただくのは良いのですが、ハンバーガーの後では量的に無理です。

写真は照明の関係とデジカメの設定を誤り、赤く写ってしまいました。






<<銀座アスター>>

事務所近くのお茶の水銀座アスターでのランチです。目的も無く入りましたが前にあった日立製作所本社ビルが解体された後なので眺望がすばらしく、スカイツリーがよく見えました。

Img_4171


Img_4173

鹿児島黒豚とセロリの湯麺。メニューから想像したものとは違ったのですが、いけます。






<<その他>>

Img_4134

自宅から運動がてら歩くのに丁度良い「エコールクリオロ」のケーキ。ここではケーキ作り教室が開催されており妻が何度か通いました。

以下ケーキ作り教室で教わって妻が作ったケーキの写真です(2005年ごろ)。きれいで美味しいのですが、専門的な材料を使うために素人には(材料調達が)難しいようです。

Imgp0424

Imgp0785

Imgp0779

Imgp0810

エコールクリオロではさすがに無理でしょうが、近所のケーキ屋さんで売っていてもおかしくない出来でした。


Img_4162

これは、都内某料理屋さんの「特製しゅまい」。ショウガと鶏肉をつかった独特なシュウマイです。


Img_4161

何度か登場している「チェックステーキ」。池袋の老舗洋食屋さん「チェック」にて。


Img_4169

これもおなじみ。メトロポリタンホテル「海山亭」の鉄板焼き(フィレ)。先週末散歩がてら行ってきました。
特別なお店というわけではありませんが、徒歩圏で、外出帰りに立ち寄るのにも丁度良い場所にあります。ここはランチが格安でお勧めです。


関連記事:
B級グルメ

2010年10月 3日 (日)

ナパでの食事

アメリカではあまいr美味しいモノに対する期待がわきません。ハンバーガーのようなB級グルメを想像しますが、今回はアメリカで初めてミシュランレストランにも行って見ました。


■■■ GO FISH  ■■■

まず最初は、セントヘレナの129号線沿いにある”Go Fish”というシーフード店。寿司屋ですが完全にアメリカに溶け込んだメニューで、アメリカンジャパニーズとでも言えそうです。

Img_2620

ロブスターの寿司をお願いしたところ、こんなものが出てきました。見た目はともかく、案外いけます。

Img_2623

マグロの巻き寿司。完全にアメリカンですが、これもいけます。

Img_2625

エビの巻き寿司だったと思いますが、これもまあまあ。


■■■ TAYLOR'S ■■■

典型的なアメリカのハンバーガー屋さん。第二次世界大戦後から営業している老舗です。

Img_3288


Img_3281


Img_3284

最近はやりの「AHIバーガー」。マグロの厚い切り身を生姜醤油に浸し、コールスローと一緒にバンズにはさんだものです。 見ての通り完全なジャンクフードですが、意外にいけます。
アメリカではこれで「健康食」という扱いなのでしょうか。


Img_3492

滞在中2度行きましたが、2度目はテイクアウトにしてみました。2度目はAHIではなくオリジナルに近いチーズバーガー。


■■■ Terra ■■■

ここはセントヘレナにある日本人シェフによるレストランで、ミシュラン一つ★です。

Img_2911


Img_2899

何となく和テイストなサラダ


Img_2900

素朴なスープ


Img_2904

肉と魚のメインが1皿に盛りつけられたコースを選びました。それでも量が多すぎました。

Img_2908

デザート

Img_2912

明るいうちに食べ始めましたが、終わったころは真っ暗。9月のカリフォルニアの日没は日本とほぼ同じくらいでした。ここはアメリカにはめずらしく駐車場がありません。しかし近くのSAFEWAYの駐車場や道路に駐車できます。


■■■ FOG HARBOR  ■■■

クラムチャウダーが有名な、サンフランシスコ、フィッシャーメンズワーフピア39にあるレストランです。

Img_3860

こちらで良くあるパターン。スープもさることながらパンも意外に美味しく、十分いけます。
これとフレンチフライだけででランチとして十分な量です。


Img_3861

とにかく量に圧倒されます。これはAHI TUNA。先のマグロのハンバーガーと同じマグロの切り身です。


Img_3867

AHIを割ったところ。かなり厚い切り身です。
とにかく量が多く野暮ったいことこの上ありませんが、素材が良く生姜醤油ベースなので、肉が苦手な日本人の方にはこれをおすすめします。

Img_3864

これはヒラメのソテー。ヒラメといっても体長1メートルはあるのではないかと思うほど、厚い切り身でした。
バターソテーなので、素材さえよければまずく作るほうが難しいような料理です。しかしとにかく量が多いので、全部たいらげるのは大変です。


関連記事:
ナパ旅行その他・サンフランシスコ・レンタカー・機内食など
ナパ・ワイントレイン
ナパで気球に乗る
ナパ・ソノマ・カリフォルニアワイン巡り(全行程)

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31