« 震災後の南相馬・暫定開業の常磐道(相馬-南相馬)など | トップページ | 番外編:金環食 »

2012年5月 7日 (月)

徳島『ホテルリッジ』2

ゴールデンウィーク最後の日曜から翌日にかけて徳島の『ホテルリッジ』に泊まりました。

ここは毎年必ず行く馴染みの宿ですが、昨年震災の影響で行けなかったため2年振りとなりました。

以前の記事:
お気に入りの宿:徳島『ホテルリッジ』
徳島『ホテルリッジ』

に詳しいので今回は差分のみとします。

Img_5260
今回宿泊した部屋は和室仕様の方。

■到着~カリフォルニアキッチン

Img_5253

写真は「カリフォルニアキッチン」

早めのフライトで徳島空港に降り立つと、いつものスタッフの方が空港で迎えてくれました。空港からは25分程度で、ちょうど昼前につきました。部屋の準備が整うまでの間カリフォルニアキッチンで軽食を取りながら休ませていただきましたが、これがいつものパターンになっています。

Img_5245

シーザーサラダ

Img_5246_2

オニオングラタンスープ

Img_5249_2
サーロインステーキ。1人分を2人でシェアできるよう分けて盛り付けてくださいました。

以前はハンバーガーやスイーツなどをいただくアラカルト中心のメニューでしたが、一昨年秋からコースメニュー中心に変わりました。

今回は軽くいただきたかったので、サラダ、サーロインステーキを妻とシェアしました。

Img_3556
以前はこんなジャンクフードもありましたが・・・(2009年3月)

■夕食

部屋は過去の記事に詳しいので、食事の写真のみとします。夕食、朝食はカリフォルニアキッチンではなくホテルダイニングでいただきます。

以前はホテル隣接の料亭青柳が調理するメニューでしたが、2009年秋からホテルオリジナルのメニュー(スタッフも含め)に変わりました。少し残念に思ったのですが、いただいてみて全く遜色なく安心しました。

Img_5292_2

左の椀はフォアグラをすり込んだ茶わん蒸しのようなもの。トリュフがのっています。

Img_5294_2

澄まし汁は白身魚の種類を失念。美味しかったですが。

Img_5297

写真の角度が悪くよく見えませんが、左上が鳴門鯛、その他は車エビ、本マグロ(隠れて見えない)など。渦巻き状のものは大根のツマですが、きれいに細工されています。

鳴門鯛はこの地域で5月に取れる真鯛で、3~4月にはさくら鯛と呼ばれてます。身が締まって美味しい時期だそうです。ちなみに秋にはもみじ鯛に変わります。

Img_5298

子牛から成牛まで一貫して地元で育てられた徳島牛の一貫牛のいちぼ。石焼でいただきました。

Img_5302

写真が不出来(影)ですが、石焼しておいしくいただきました。

Img_5309
あまり美味しい印象がない「エイ」ですが、とても美味しくいただきました。

Img_5312
筍、エンドウなどの煮物

Img_5316

たいらぎ貝の殻に盛り付けられた、たいらぎの貝柱、鳥貝、赤貝など。

「たいらぎ」は身を捨てて貝柱だけ食べる珍しい貝で、福岡県などでは粕漬けにして食べる習慣があるようです。関東ではまず見ない貝です。

Img_5317

鳴門鯛の炊き込みご飯。

Img_5319
そば米汁と一緒にいただきました。

Img_5327
デザート

Img_5347

朝食も2009年秋以降ホテルダイニングによるレシピ、調理に変わりました。小皿料理は以前の青柳の朝食を踏襲。

Img_5350_2

デザート。

次の3枚は以前の青柳による朝食(2010年5月)

Img_0606

Img_0608_2

Img_0608

Img_0608_3

Img_0612
以前の朝食は残すほど量が多かったのですが、新メニューは程よい量で私にはちょうど良かったです。

今回は天気が良く、鳴門海峡大橋がきれいに見えました。

Img_5254

Img_5341

朝日

« 震災後の南相馬・暫定開業の常磐道(相馬-南相馬)など | トップページ | 番外編:金環食 »

黒毛和牛」カテゴリの記事

温泉旅館」カテゴリの記事

ホテル」カテゴリの記事

温泉」カテゴリの記事

ホテルレストラン」カテゴリの記事

懐石」カテゴリの記事

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31