« 白石蔵王『だいこんの花』と蔵王の桜 | トップページ | 徳島『ホテルリッジ』2 »

2012年5月 6日 (日)

震災後の南相馬・暫定開業の常磐道(相馬-南相馬)など

南相馬には震災後何度も足を運んでいますが、常磐道が不通のため東北道からの山越えが必須。そのためスノータイヤをはかない私の軟弱車は冬季の南相馬行きは無理でした。今回は雪解け後初の南相馬行きとなりました。

今回、4月に暫定開業した常磐道の末端部(相馬-南相馬間)を利用してみました。

Img_5193
暫定開業区間は無料開放されています。

Img_5195
新しい舗装は平滑でなめらか。

Img_5196
開業区間はわずか14.4キロ。時間にして10分強。

現在常磐道広野-富岡間が立ち入り禁止区域のために不通です。本来ならば今年の春に開業する予定だった富岡-南相馬間の工事は手つかずのままです。
現在いわき方面から南相馬に入るには一旦東北道(あるいは4号線)を通り、二本松または松川付近から川俣-飯館を経由する、山越えルートに限定されます。

同ルートの昨年の様子はこちら:
川俣村・飯館村~南相馬へのルート・荒れる田畑と大量発生した昆虫

Img_5202

南相馬市内(陣ケ先公園墓地)に設置されたガイガーカウンター。市役所など数か所に設置されたそうです。放射線量は0.85マイクロシーベルト。

今回は蔵王から福島→伊達→霊山と国道115号線を抜けて南相馬に入りましたが、途中霊山付近(伊達市)は1.3マイクロシーベルト程度ありました。地元の人によれば霊山付近はホットスポットだそうです。

Img_0190
イオンモール南相馬の隣の広大な農地は300世帯の仮設住宅になりました。

Img_0189
イオンモール内に設置された東京電力賠償相談窓口。
南相馬市民には条件により一人当たり70~100万円程度の賠償金が昨年東電から仮払いされています。請求すれば仮払いに加え本来の賠償金が支払われることになっています。しかし私の義母、義弟は東京で私の自宅に滞在したため、家賃や宿泊費がかからなかったという理由で仮払金と相殺され、東電に一定額を返金しなければならないという矛盾が生じています。

Img_0186

イオンモール(写真はフードコート)は一見通常通りの営業のように見えますが、全体的には穴の開いたテナントスペースが目立ちます。市内のスーパー、ファミレスなども歯抜け状態です。

復興への道のりは険しく、少なくとも常磐道とJR常磐線のいわき~南相馬間が全通することが最低限の条件のように思います。放射線量は除染によってそれなりに下がりますが、風向きによっては高くなる日もあるようで、余談を許さない状況です。

« 白石蔵王『だいこんの花』と蔵王の桜 | トップページ | 徳島『ホテルリッジ』2 »

国内旅行」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

ドライブ」カテゴリの記事

東日本大震災」カテゴリの記事

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31