« 京都・群馬・福岡・福島:ビジネスホテルとレンタカー | トップページ | 谷川温泉『別邸 仙寿庵』 »

2011年8月 9日 (火)

川俣村・飯館村~南相馬へのルート・荒れる田畑と大量発生した昆虫

別記事にもありますが、8月上旬に東京に避難していた義母が帰省するため故郷の南相馬に送ってきました。

東京から南相馬へは常磐道~国道6号線のルートが不通のため、郡山、二本松、福島などから山を抜けていきます。5月には福島~国道115号線~相馬市~南相馬市という大回りで行きましたが(被災地への一時帰宅・南相馬への迂回ルートなど)、今回は郡山に宿泊したこともあって、郡山~二本松~松川~川俣村~飯館村~南相馬というショートカットルートを通りました。現在ではこれが幹線ルートになっているようです。
途中通過する川俣村の一部、飯館村は「避難区域」で原則として住むことができなくなっています。

Img_9208

 

Img_9209

Img_9210

Img_9213

田畑は全く手入れされておらず、荒れていました。飯館村は日本の原風景がとても美しい村ですが、残念でなりません。
復興を心から願う・【回想1】大震災被災以前の南相馬・相馬・飯館など

Img_9214

Img_9215_2

川俣~飯館を抜けるルートは本来は山越えの細道ですが、今ではいわき、東京方面への幹線ルートとなっており、この通り車の往来が激しくなりました。

Img_9217

途中立ち寄った飯館村の親戚宅近く。本来は避難区域ですが、高齢者の一部は避難せず在宅のまま過ごしています。この付近は今でも2マイクロシーベルトを超える放射線量が計測されます。

写真ではわかりませんが大きく育った昆虫が大量発生しています。車を止めると5センチ以上に育ったたくさんのアブやハエなどに集中攻撃を受けました。妻は車外に出た一瞬の間に足を大きなアブに刺されました。
雑草が生え放題で農薬散布もないため、昆虫の天国と化しているようです。

Img_9220

南相馬に到着後、車を除染。放射線に対する地元の人の意識が高まっており、今回は「飯館村を通過する際にはエアコンを車内循環モードに切り替える」、という親戚のアドバイスにも従いました。

Img_9221_3

イオンモールはGW明けに再開しました。営業時間が短縮されていますが品揃えはほぼ通常通りで不自由はありません。
しかし2店舗あるヨークベニマル(東京ではヨーカドー)は1店舗のみの営業、ファミレスなどの飲食店も一部を除きほぼ閉店状態で、正常な状態とは言えません。

Img_9223

閉鎖されている原町高校校舎(イオンモールの駐車場から)。ここの生徒は30分程度北上した相馬市の廃校校舎(旧相馬女子高校)を使用しており、毎日バスで通学しています。

« 京都・群馬・福岡・福島:ビジネスホテルとレンタカー | トップページ | 谷川温泉『別邸 仙寿庵』 »

国内旅行」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

東日本大震災」カテゴリの記事

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31