« 白石蔵王『だいこんの花』 Part Ⅳ | トップページ | 【アーカイブス】列車旅・『まりも』に乗る »

2011年5月14日 (土)

メルセデスベンツE350カブリオレ・E250クーペを試乗

「試乗車がきてますよ」と連絡があってヤナセに2度も遊びに行ってしまいました。まだ買い替える予定がなく冷やかしばかりで申し訳なく思いながらも、「試乗」の誘惑には勝てません。

E250クーペとE350カブリオレに乗せてもらいました。

天気の良い日でしたが逆光などがたたり写真は不出来です。

Img_7584_2

E250クーペ。ダウンサイジングでEクラスもエントリーモデルは4気筒1.8Lになりました。セダンにも同じエンジンのモデルがあります。
本来ならばE180なのでしょうけど、過給機付きでパワーは2.5L以上という感覚です。

身軽で加速もよくて快適でした。 取り回しもよく、私のように後部座席に人を乗せることが少なく、都内の狭小地ばかりを走る身にはこれが案外ベストかもしれないと思いました。
今のセダンとはまだ乗り比べていませんが、少なくとも前のセダンよりも剛性感が上がっています。

Img_8109

今日乗せてもらったE350カブリオレ。やはりオープンは恰好良いです。

Img_8110

内装はキャラメルベージュ。

Img_8111

カブリオレは全て左ハンドル仕様ですが、Eクラスクーペは割と見切りがよく、運転し易い車です。

Img_8114

幌を閉めた場合の外装は、ハードトップのクーペに軍配が上がります。
例えばホワイトボディーにベージュの幌などの組み合わせはオシャレではないかと思いました。

Img_8115

後ろはこんな感じ

E250クーペもなかなかだったのですが、E350カブリオレのアクセルを踏んだ瞬間にはやりこれだと思ってしまいました。
アクセルを深く踏み込むとなめらかに加速が進むV6の感覚は不思議な安心感があります。

このモデルは風の巻き込みが少なくて快適です。また幌を閉めてもクーペにくらべ特に狭いという感覚はありません(私は日本人男性の平均身長プラスαの痩せ型)。

Img_8117

3ヵ月在庫のままの可哀そうなE350クーペ。赤という色と左ハンドルが災いしてなかなか買い手がつかないようです。

Img_8119

うちの車(E350アヴァンギャルドの前のモデル)と今日の試乗車(E350カブリオレ)とが仲良く並びました。デザインが曲線から直線的に変わった感じです。

« 白石蔵王『だいこんの花』 Part Ⅳ | トップページ | 【アーカイブス】列車旅・『まりも』に乗る »

」カテゴリの記事

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31