« 復興を心から願う・【回想1】大震災被災以前の南相馬・相馬・飯館など | トップページ | 都内の桜 »

2011年3月27日 (日)

復興を心から願う・【回想2】気仙沼・釜石・宮古・田老など

東日本大震災により、亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、被災された地域の皆さま、その家族の方々に心よりお見舞い申し上げます。


06年に訪れた三陸海岸の思い出です。宮城県の気仙沼に泊まり、翌日三陸海岸を上って田老町にも立ち寄りました。

リアス式の海岸線と海沿いに並ぶ美しい集落が懐かしく思い出されます。津波が押し寄せて家屋が流される状況や、瓦礫と化した街並みを見るのはとても心が痛みます。

Imgp7184

Imgp7213

『ホテル観洋』にお世話になりました。湾から上る朝日がとてもきれいでした。

Imgp7222『ホテル観洋』の状況がとても気になりまたが、ウェブサイトから避難された方とスタッフの方の無事が確認されました。ライフラインの復旧まで不自由が続くと思いますが、復興へ向けて心から応援したいと思います。

Imgp7219

気仙沼の市場。とても賑やかでした。

Imgp7259

三陸海岸は気仙沼から八戸まで一本の線路で結ばれていますが、JRの路線名や鉄道会社が途中で変わり複雑です。写真は三陸鉄道の釜石駅。駅そのものはJR釜石駅とひとつになっていてJRの駅舎はすぐ隣。

Imgp7273

2両連結の短いディーゼルカーに乗って海岸線を進みました。

Imgp7276

JR宮古駅

Imgp7280

『浄土ヶ浜』。陸中海岸国立公園に属する三陸を代表する景勝地ですが、津波の後が気になります。

Imgp7292

Imgp7291_2

田老町の防潮堤。10メートルの高さがあって津波に備えましたが、今回の津波はこれを乗り越えて街全体に被害を及ぼしました。テレビ放映された住民インタビューによれば津波の高さは14メートルに上ったといいます。

Imgp7293

田老町の民宿で小休憩。訪れたのは06年3月でまだ寒く、暖かい汁をとても美味しくいただきました。

昭和8年の昭和三陸地震により更地と化した田老街は見事に復興してきれいな街並みをつくりました。
再生への道のりは険しいと思いますが、田老町がまた美しい街並を取り戻すことを信じ、心から復興を願います。

« 復興を心から願う・【回想1】大震災被災以前の南相馬・相馬・飯館など | トップページ | 都内の桜 »

東日本大震災」カテゴリの記事

山本国際コンサルタンツ

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31