« 最近の日記・B級グルメなど | トップページ | 復興を心から願う・【回想1】大震災被災以前の南相馬・相馬・飯館など »

2011年3月11日 (金)

地震直後の東京都内

お茶の水のオフィスでの打合せ中地震にあいました。

7F建ての5Fですが、最初、振動というよりも左右のユックリとした動きに始まりました。そのうち1メートルほど左右に大きく揺さぶられるようになり、室内の時計、額、パソコンなどが次々と床に落ち始め、立つのも容易でない状況が数分間続きました。

机の下に隠れる人や、事務所の外に出る人などもありました。外をみると他のビルが大きく揺れているのが明らかに確認できました。道路を通行する車も全て停止して様子をうかがっていました。

オフィスは写真の通りパーティションやモニター、書類が散乱する有様。東京では間違いなく過去最大級です。

Img_7096_3

Img_7094_2

避難場所に指定されている東京大学に避難しましたが、ここも大勢の人で溢れていました。ここでも大きな揺れが何度もあり、ビルの窓ガラスがばたばたと音をたてて揺れる状況でとても安全とは思えません。外は危険なのでしばらくの間東大病院内に待機しました。

Img_7097_2

交通機関が完全に麻痺し、すし詰めの都バスは渋滞にはまり牛歩状態。タクシーもつかまらないので事務所のあるお茶の水から自宅のある目白付近まで歩きました(写真は17時ごろの目白通り江戸川橋付近)。

Img_7099_2

17:30頃の明治通り。普段人通りのない歩道を大勢の人が歩いていました(目白通り千登勢橋から撮影)。車道が空いて見えますが、ここは帰宅方向でないためと思われます。

Img_7101_2

目白通り学習院大前(下り車線)。17時半過ぎでこの状況で異常な渋滞です。すし詰めのバスよりも徒歩がはるかに早い状況でした。

Img_7102_2

目白駅に待つ人もいますが、運行の見通しは立たず。

Img_7103_2

運行の見通しは立たないのですが、トイレを開放していて助かりました。

途中のフォーシーズンホテルにも大勢の人が避難しており、ホテルが避難者のためにテレビを設営するなどして支援していました。とても有り難いサービスです。

自宅に着くと、建物外壁のセコムのセキュリティアラームが付いており、異常状態を示していました。家屋は全く無事でしたが、食器棚からグラス類が落ちガラスが散乱、鉢植えがひっくり返り土が散乱、電気スタンドからパソコンのディスプレーまで転倒、台所は冷蔵庫の扉が開いたままでアラームが鳴りっぱなしで中身が落ち、・・・という惨憺たる状況に言葉もありませんでした。

しかし都内は電気、水道、ガスすべて正常でライフラインは確保されており、自宅に辿りつきさえすれば普段とあまり変わらない生活ができる状況です。

とりあえず家族も含め全員の無事が確認できましたが、福島県在住の親戚の一部に安否がとれない人があって心配です。被災された方、亡くなられた方も多く誠に残念です。
亡くなられた方のご冥福を心よりお祈りいたします。

« 最近の日記・B級グルメなど | トップページ | 復興を心から願う・【回想1】大震災被災以前の南相馬・相馬・飯館など »

東日本大震災」カテゴリの記事

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31