« 1月後半の行動・福島~大阪~城崎温泉(竹野)でカニ | トップページ | メルセデスベンツの話題・タイヤ交換(Primacy LC)など »

2011年2月 3日 (木)

羽田空港発着国際線新ターミナル&香港-羽田便

1月に香港に行った際に羽田空港便を利用しました。羽田空港の新しい国際線ターミナルと駐車場が思いの他快適だったのでご報告します。

羽田空港の新国際線ターミナルへ行くには、次の2通りの行き方があります。

①首都高湾岸線から
 空港中央で下りて環状八号線に入る(国際線ターミナルの案内あり)
 (東京側からは空港中央を下りてすぐ左側道に入り、そのまま環状八号線の起点を右折)

②首都高羽田線から
 空港西から下りて環状八号線に入る(羽田空港方面へ)

都心からは②、千葉方面(湾岸線)からは①が便利と思います。

電車で行くことが無いので詳しくはわかりませんが、東京モノレール、京急どちらも国内線ターミナル駅よりも手前で便利なはずです。

Img_5770

環状八号線から国際線ターミナルへ入る所。駐車場と東京モノレールが見えます。

Img_5773

国内線に比べゲートも大きくなっています。

Img_5775_2

そもそも羽田発着の国際線が少ないためか、駐車場は空いています。(1月の金曜日)

Img_5779

国内線のP1~P2は4Fがゲート直結フロアですが、国際線は3Fに駐めるのが正解。それ以外の階は一端3Fにエレベータで移動してからターミナルへ向かいます。

Img_5777

国際線ターミナル

Img_5782

ターミナルへの連絡通路。そのまま到着ロビーに繋がっています。出発ロビーは到着ロビーの1フロア上。

今回は行きは成田発、帰りが羽田着という変則パターン。そのため行きは羽田に車を置いてバスで成田空港に行き、帰りは羽田についてそのまま来るまで帰宅、となりました。

以下は帰国便(香港→羽田)に乗る際の様子(香港)。

Img_6024

香港のJAL専用ラウンジはが廃止され共用ラウンジになりました。それでもJAL便の乗客用に奥の専用エリアを確保してあり、割とゆったりとしていました。写真は麺類のサービスカウンタ-。JALラウンジの時代よりもかえって良くなりました。

Img_6027

東京行きの案内。よく見ると行き先がTokyo/NRT(成田)ではなくTokyo/HND(羽田)。

Img_6038

JAL香港→羽田便の機内食。アジア線で良く出るタイプ。行きの成田便のものもほぼ同じでした。

Img_6033

ビジネスクラスのメニューから無くなった「ポメリ」ですが、を実は積んでいて、乗務員がこっそり出してくれました(飲んだのは妻)。
最近はコストカットがはげしく、ビジネスクラスのシャンパーニュが「Delamotte」に変わりました。ファーストは相変わらずサロンが出るそうですが。

Img_6065

羽田に着くとそのまま入国審査、手荷物、税関とあっという間に通過できます。到着便も少なくゲート無いも差ほど広くないのですぐです。時間を計ったら、到着後シートベルトサインが消えてから5分で税関を通過していました。

写真は税関を通過した直後の出口の外。モノレール・京急の駅、バス乗り場、駐車場には直結です。

Img_6064

今回は羽田国際線ターミナル初体験だったので出発ロビーまで上がって見てみました。

Img_6055

ショップは出発ロビーの更に上にあります。テレビでも放映され話題となっていましがが、江戸の雰囲気を出しています。

Img_6060

展望デッキに出てみたら、香港から乗ってきた飛行機が見えました。飛行機が着くゲートは少なく、今後の増便には限界がありそうです。

Img_6067

駐車場から自家用車で帰宅。
30分少々で家に着くことを考えると大阪や福岡から帰宅する気分です。

成田空港関係者の方には申し訳ありませんが、東京住まいの私にとって羽田空港の国際線は比較にならないほど便利で魅力的です。

« 1月後半の行動・福島~大阪~城崎温泉(竹野)でカニ | トップページ | メルセデスベンツの話題・タイヤ交換(Primacy LC)など »

海外旅行」カテゴリの記事

駐車場」カテゴリの記事

機内食」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31