« スリランカに行く | トップページ | 香港で上海蟹を食べる・『老上海飯店』『天香楼』など »

2011年1月13日 (木)

シンガポール航空ビジネスクラス機内食(成田-シンガポール-コロンボ)

前の記事にあるスリランカ出張の際に利用したシンガポール航空の機内食の写真を撮りました。
(コロンボ-シンガポールは爆睡して逃しました)

■成田-シンガポール

Img_5551

初めてのA380。フル2階建ての大型新鋭機です。JAL、ANAにはありません。
日本ではシンガポール航空、カンタス、エールフランス、ルフトハンザ、エミレーツなどに就航しているようです。

Img_5554

ゲートは1Fと2Fに直結しています。ファーストとエコノミーが1F、ビジネスが2Fになっていました。


Img_5556

写真では分かり難いですが、シンガポール航空の新しいビジネスクラスシートは幅が広く、2人で座れるくらいあります(前後の間隔はこれまでのビジネスクラス程度)。 全席通路に直接出られるのでずいぶん楽です。

Img_5559

シンガポール航空定番のおつまみ。鶏、ラムの串刺し。

Img_5560

前菜。

Img_5564

メインにはカレーライスがありました。最近の機内食はB級が増えて食べやすくなりました。

Img_5567


Img_5568

シンガポール航空で出る紅茶。BA、キャセイ、シンガポール航空など英国系エアラインでは紅茶がちゃんとしています。それ以外のJAL、ANAや北米系のエアラインの紅茶はまずくてだめです。

同様に日本茶が美味しいのはJAL、ANAで、それ以外海外キャリアは大概まずいです。


■シンガポール-コロンボ

Img_5577

シンガポールチャンギ空港で3時間待ち時間がありました(写真はコロンボ便以外のフライト)。

Img_5583

コロンボ便はA330という新しい機材でしたが、A380に比べると客室は狭く座席もビジネスクラスの標準サイズでした。

Img_5585

Img_5590

フライトタイムは3時間半程度。機内食も比較的軽い物でした。これはワンタン麺。

帰り(コロンボ→シンガポール復路便)は離陸直後から爆睡し、機内食で何が出たかもまったくわかりませんでした。

■シンガポール-成田(復路便)

Img_5713


Img_5716

試しに和食を選んでみましたが、少々野暮ったい感じ。まずいという訳ではありませんが半分くらい残してしまいました。和食は手がかかるので機内食調整は大変なのではないでしょうか。


Img_5722

やっと富士山が見えてきました。

成田-コロンボはスリランカ航空便が週3便直行便を飛ばしていますが、仕事では利用しにくく、結局シンガポール航空(シンガポール経由)、キャセイ(香港経由)になってしまうようです。

今回は行き17時間、帰り16時間という長旅で、とても疲れました。

« スリランカに行く | トップページ | 香港で上海蟹を食べる・『老上海飯店』『天香楼』など »

機内食」カテゴリの記事

航空機」カテゴリの記事

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31