« 熱海『ふふ』 Part I | トップページ | 首都高・大橋ジャンクション »

2010年4月18日 (日)

熱海『ふふ』 Part II

Img_3716

大浴場の露天風呂。客室の風呂がゆったりしているので、それに比べるとあまり大きく感じません。しかし空いていて快適です。
谷川の『仙寿庵』を思い出しました。部屋に掛け流し露天風呂があるためか、大浴場が空いていて気持ち良い旅館です。

Img_3722

大浴場には懐かしいコーヒー牛乳があります。(ミネラルウォーター、ポカリスエットも選べます)

Img_3745

鉄板焼きでは、アワビ、黒毛和牛フィレを選択しました。
上のアワビ、写真では分かり難いですが、燃えています。お酒に火を付けて振る舞うちょっとしたパフォーマンスです。

Img_3748

鮎ナメもおすすめです。

Img_3755

黒毛和牛は茨城産と松坂も選択できました。私は茨城産を選択(写真)。
貴重な松坂牛は油がしみ出るような肉を好む人におすすめします。私は鉄板焼きでは淡泊な信州や関東産黒毛和牛を好みます。

昨年『翠松園』でいただいた米沢フィレ(下)は写真でみると上の茨城産よりも美味しそうに見えますが、油が苦手な人にはきついと思います。

Img_7198


Img_3760

定番のガーリックライス。ニンニク醤油漬けが添えられています。

Img_3771


Img_3764

その後バーでデザートをいただきました。

Img_3783

部屋に戻り掛け流し露天風呂に。テレビ付きです。


『ふふ』の良い点は、朝食を遅い時間帯まで選べること。
チェックアウトは11時ですが、チェックアウトの後に朝食(ブランチ)をいただいて出発、というパターンが可能で、寝坊助にはおすすめです。ちなみに、遅い朝食は箱根『翠松園』でも可能です。

Img_3815


Img_3813


Img_3817

和食がお勧めだそうですが、今回は和(妻)洋(私)両方選んでみました。

12時までゆっくり朝食(ブランチ)をいただいて、ホテルを後にしました。

東名高速の渋谷(池尻大橋)で中央環状線に繋がったので、熱海方面がとても近くなりました。
土曜日で混雑の逆方向ということもあり、熱海-自宅(西池袋IC付近)まで90分という記録をつくりました。

・・・大橋ICの有名なループトンネルの内部の写真を撮りましたので、今度別記事にアップします。

関連記事:
熱海『ふふ』 Part I
首都高・大橋ジャンクション

« 熱海『ふふ』 Part I | トップページ | 首都高・大橋ジャンクション »

和食」カテゴリの記事

鉄板焼」カテゴリの記事

黒毛和牛」カテゴリの記事

温泉旅館」カテゴリの記事

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31