トップページ | [2016]JL771便 成田-シドニー First Class (JAL Suite) »

2016年1月31日 (日)

[2016]JL006便(成田ーニューヨーク) First Class (JAL Suite)

2016年1月30日 006便 Tokyo/Narita →New York/JFK

Img_6655
この日は混雑していて出発ロビーには人が溢れていました。
 
Img_6658今回は2D席で実はファーストの席としては中央の外れ席。それでも十分なスペースが確保されています。
 
Img_8607web 
 
Img_8608webJALファースト機内食(和食)では定番の国旗つき前菜。お子様ランチを思い出します。
今回和食を選びましたが、普段機内食は洋食を選びます。理由は、微妙な味付けの和食は機内で味覚が麻痺するのかあまり美味しく思えないからです。キャビア、フォアグラ、ステーキ、というふうに味が濃くてわかりやすい食のほうが機内食には向いていると思います。
 
Img_8613web椀ものですが、おそらく気圧が薄い機内向けに濃いめの味付けにしてると思います。 
 
Img_8615web写真が残っていたのでアップしましたが、これがなんだったのかは失念。
 
Img_8616web_2キャビアは缶ごとではなく小分けにして出されました。
 
Img_8617webメイン。すき焼きだったと思いますが肝心の皿がピンボケしています。
 
Img_8619webすき焼きにフォーカスしたら手前がピンボケになりました。揺れる機上でうまく撮れないというのが私の言い訳です。
 
残念ながら、私の場合本来美味しいものが機上ではあまり美味しく感じられないのです。これが洋食のステーキフォアグラ乗せ、となれば単純な味なので美味しい、という理屈です。なおこれは私のいいかげんな舌のせいで、ちゃんとした舌を持った方ならそうでないように思います。
 
Img_8622webこれも最近(2015〜2017ごろ)の機内食定番の「六本木プリン」。私はJALのファーストクラスでしかいただいたことがありません。
 
Img_8626web紅茶。クリームではなくちゃんと牛乳をつけてくれるのは国際線ファーストクラスだけです。国内線のファーストでもクリームです。
 
Img_8627ニューヨーク便はとにかくフライトタイムが長く、10時間乗ってもまだアメリカ大陸の西側です。
 
Img_8630web2度目は軽食。記憶が薄れていますが、確かカツサンドと「客室乗務員のきまぐれサラダ」などというメニューだったと思います。
 
Img_8632webフルーツ盛り。
 
13時間ほぼ動かず、恐ろしい量のカロリーを摂取してニューヨークに到着しました。ま、これが楽しみでもあるのですが。
 
 
Img_8683webエンパイアステートビルの展望台からバッテリーパーク方向を望む。
 
帰国便: 2016年2月2日 成田行き <投稿準備中>
 

トップページ | [2016]JL771便 成田-シドニー First Class (JAL Suite) »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30